《ハワイサーフポイント紹介 サウスショア編》ケワロース。年間を通しコンスタントに波が立ちやすいローカル強めのリーフポイント

<< SPONSOR >>

ケワロース

GONAMINORI ハワイサーフポイント紹介 サウスショア編


アラモアナ・ビーチパークとワードセンターの近くに位置し、夏のシーズンには、比較的コンスタントにいい波が立ちやすく、レギュラーもグーフィーもあるリーフブレイク。

日本人旅行者のサーファーはあまりいなく、ローカルが強めだが、ダイヤモンドヘッドと夕陽がキレイに見れる人気のスポット。

エントリー方法は、右の防波堤の先から飛び込むと、ピークまではすぐ。赤の人工ブイが近くにあるのでそこが目印。

ビーチパークではないため、ライフガードはいないが、シャワーとトイレ、駐車場は完備されている。

駐車場周辺に人の行ききがあまりないので、ツーリストは車上荒しにも充分に気を付けて欲しい。

程よく北風が吹き、クリーンな条件が整うと、日本では乗ったことがないようなレフトブレイク(グーフィー)に遭遇することも多々ある。

きちんとローカルをリスペクトしながら、ケワロースの波と雰囲気を楽しんでみて!


波パーフェクト指数 ★★★★☆

レベル初心者〜上級者波のブレイクレギュラー&グーフィー。レフトの方が◎
底 ボトムリーフ ※ 干潮時は浅く、ウニがたくさんいるので絶対立ってはダメベストシーズン5月〜8月 サマーシーズン
ローカルかなり強めスウェル南、南東、南西
駐車場あり。車上荒し危険区域シャワーあり
トイレありボードタイプロング、ショート

kewalos7
夏のシーズンには、比較的コンスタントにいい波が立ちやすく、レギュラーもグーフィーもあるリーフブレイク。

kewalos1
赤いブイが印象的で、ダイヤモンドヘッドと夕陽がキレイに見える。

kewalos6
ローカルキッズたちのスーパーセッション。異常は早さでテイクオフしていく。

kewalos5
右の防波堤の先から飛び込むと、ピークまではすぐ。エントリーは気をつけて!

kewalos3
街と海でライフスタイルがなりたつ場所。《ワイキキ》

kewalos8
右手前のインサイドでは、初心者でも楽しむことができる。

kewalos4
ケワロースの海の上で見る美しいサンセットは心に響きハワイライフを感じる。





若かれしころの村上舜のケワロースセッション動画


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

120% 楽しむ ハワイ人気記事!