<< SPONSOR >>

ONE HEART


My July 29, 2011 Blog I forgot to post.




政府はついに、34,000台の放射線量カウンターを福島に住む子供達へ与えることにした。時期は遅いけれど、何もしないよりはましだ。ただ、子供達が今までの15週間でどれくらい被ばくしたか、どうやって計測するんだろうと思う。彼らの尿中に放射能物質が見つかったらしい?そんなのおかしいよ!4〜15歳の子供達が放射線量カウンターを受け取るらしいけど、他の年齢の子供達はどうなるの?僕の考え? 少なくとも東電がすべきなのは、福島に住む全ての人に放射線量カウンターを与えることだ。そこで初めて、住む人たちは退去するかしないかを決められるだろう。

あと、僕が被ばくしたってジョークを言うハワイの人に言っておくけど、もうやめて欲しい。そんなジョーク、全然面白くないから。被ばくしてても、していなくても気にしない。僕に近寄りたくなければ、近寄らないで。そんな風に言う人は僕の周りにいて欲しくない。



石巻のリョウコさん、写真を送ってくれてありがとう。これは貴重な写真だよ。子供達の笑顔を見ることこそ、僕らがミッションをする理由だ。そして、きちんと手渡しで寄付した物を見ると、すごくやりがいを感じる。リョウコさん、子供達を支えてくれてありがとう。そして、ミッション1, 2, 3で寄付してくれた全ての人に感謝するよ。WE ARE ONE!

Tags: Aid, DONATIONS, DOSIMETER, FUKUSHIMA, JAPAN EARTHQUAKE CHILDREN, KIDS, NUCLEAR, ONE WORLD, RADIATION, RADIATION COUNTER, RADIOACTIVE, TEPCO, WE ARE ONE
Continue Reading

M1 Memories


何年も前みたいな写真を見返している。ミッション1は地震と津波が起きてから1か月たたないうちに実現した。それはたった何か月前のことだった。時がたつのはなんて早いんだろう。


今でも和歌山から東北に向けてドライブしたのを覚えているよ。僕は時差ぼけで、怖くて、戦争か何かに行くような気持ちだった。でも富士山を見たら、すっごく安心したんだ。


ミッション1、2、3は凍えるほど寒かった。ハワイから来た僕は、デッカい冷蔵庫の中に閉じこめられたみたいだった。アイスキャンディーになるかも知れないって考えながら車の中で寝た事は絶対に忘れない。


僕らはハワイや日本からのみんなからのサポートに圧倒された。ミッションが始まる3日前にブログで寄付を募ったのに、反響はすごかった。3台のバンに全部が収まりきらないほどだったんだ。もう一度、みんなそれぞれにお礼を言いたい。


みんな出来る限りのものを寄付するために遠くから来てくれた。彼らが貯金箱を空っぽにしてくれた時、僕は泣きそうだったよ。


東北に向かう日の前日のディナーは、変だった。多くが不透明で不安だったし、これから何を見るのか誰も知らず、放射能について何も分からなかった。僕はみんなに、”ねぇ、僕らは支援が必要な場所に行くんだ。放射能があろうとなかろうと、僕らは行く。だからもし参加したくないなら、今が最後のチャンスだ”と話したのを覚えてる。誰も離脱しなかった。そしてこれが7人の勇敢なミッション1のボランティアだよ。


ミッション1以来、僕は放射能について多くを学んだ。1つ目は、目に見えないってこと。2つめは、匂いがしないってこと。3つ目は、検出した時は既にその中にいるってことだ。みんながあの夜、駐車場でぐっすり眠れたとは思えないよ。

** 僕らは、全てが元通りになるまで、このミッションを続けていくことを約束する。もし何か支援したいことがあれば、僕に連絡をください。aloha.

Tags: Aid, DONATIONS, Earthquake, MISSION 1, RADIATION, SENDAI, TOHOKU, TSUNAMI, VOLUNTEERS, WE ARE ONE
Continue Reading

Question: How is Japan?


毎日みんなから“日本はどうなってる?大丈夫?元通りなの?”って聞かれる。“まだ状況は悪く、大丈夫じゃない、元に戻ってもいない”と答えてる。6カ月になるけど、まだ同じ状況の場所もある。道路の片側の地域は完全に元通りなのに、もう片方は爆弾が投下されたような景色だ。何千人もがいまだに避難所で生活をしていて、何千人が行方不明のままだ。それで大丈夫だと思う?元通りだと思う?僕はそう思わないよ。自分の目で見たこと、体験したこと、出会った人たちの事を考えない日はない。思い浮かべないようにしていても、誰かに“日本はどうなってる?”と聞かれると、全てが蘇るんだ。


地震が起きた後、子供達が無事かどうか確認しに学校まで走った母親たちがいた。でも彼女達が学校に到着することはなかった。6カ月たった今も、見知らぬ人と生活し、簡易トイレを使い、支援も無い人たちもいる。赤十字が集めた何十億ドルもの義援金は、きっと相応しくない人の手に渡ってしまうだろう。


一番心配している事は、放射能だ。まだ原発は放出している。日を追うごとに、被爆したものが判明する。テストしなければ、僕らには分からない。この問題には終わりも無いし、完全に除去されることも無い。


町には100年分くらいの廃棄物が行き場もなく、積み重なっている。みんなが日本に行くのは安全かって聞くけど、正直言って僕には分からないよ。もしかすると、食事をして消化してしまった後に、政府が“申し訳ございません。ちょうど今、あなたが食べてしまった牛肉にはセシウムが含まれていました”って言うかも。それじゃ手遅れでしょ?

とにかく、ネガティブなものを見ると暗い道を進んでしまうだろう。だから僕は、今まで見たポジティブなものだけを思い浮かべるようにしてる。嬉しそうな子供達、復興しようと頑張っている家族、前向きな姿勢、笑顔。日本は、こういう状況で団結するしっかりした国だ。もし同じ事がアメリカで起きたら、きっとみんな国を離れたがるだろう。時間はかかるかも知れないけれど、日本は復興する。いつも通りの生活に戻ると信じてる。どうか日本のことを忘れないで。僕は絶対に忘れないから。

Tags: DEBRIS, EVACUATION SHELTERS, FUKUSHIMA, MISSING, RADIATION CHECK, RUBBISH, TOHOKU, WE ARE ONE
Continue Reading
1 2 3 5