YUMIE BLOG

毎日新聞掲載7月3日!→7月17日に変更になりました!

おはようございます。

暑くなりましたね!沢山の方が「どうしたの?最近書いてないよね」と嬉しいお言葉を頂きます。
私は毎日蕎麦屋に波乗りに、友達と家族とわんちゃんと(笑)一緒に元気に過ごしています。

そして出来るだけ沢山の人と会う様にしています。

人ととの会話はヒントがいっぱい。
自分がちゃんと真っすぐにいけますようにと願う道のりにちゃんと歩んで行くことが出来るからです。

そうしていると沢山の発見や気づきがあって
そういうことがとても大切なような気がするのです。

なので家に居ることはほとんどなく、
夜寝る為にだけ居るようなものかな・・・?

さて、題名びっくりしたでしょうか?

毎日新聞の「ストーリー」と言う欄に掲載をしてくださることが決まりました。
日本全国発売で7月3日です!→7月17日に変更になりました!

どんな風に書いてくれるのかな。

いっぱい質問をしてくれるのですが、
その質問に答える度に
自分の気づかない部分に気づかされたり、

両親や姉や友達にインタビューして
そう思ってたのか!?とか
そんな風に思ってたんだねとか思います。

そうだよね、自分で「わたしのことどんな風に思ってるの?」なんてなかなか聞けない。
だけど母が

「踏ん張る力が強いのよね。ゆみえチャンは」って応えてるとき、
「その力はお母さんが教えてくれたんだよ」って思った。

小学校の時に耳のことで
悔しいことや
悲しいことがあると
「他に人がやってないことを探して見つけなさい。そして見返してやりなさい」

と言う言葉をくれた。
奥歯や舌をぎゅっと咬むと涙が引っ込んで、踏ん張れた自分が居る。

その言葉がなかったら私はきっと
悔しさや悲しさに捕われて、負けてしまったかもしれない。

そう言う時にどうしたら良いかと言う道しるべをちゃんと教えてくれた母がいたから、
今大人になっても夢を叶える時に自分を支えて来れた。

支えてこれたと言うより、
母が居なくても
その言葉が支えてくれたと言う方が正しいかもしれない。

だから一番、ここぞ!と言う時に踏ん張る力を発揮するのは私の得意種目だと思う。
そして「絶対に諦めない!!」と言う言葉はいつも自分に言ってる。

そうやってずっと自分を奮いただして生きて来た気がするので、
周りの人にも「絶対にできるよ頑張って」と言えるんだろう。

自分が出来なかったら人にも言えないもんね。

だから思うのは、
悲しいことや悔しいことに直面すると、これはきっと誰かの為に自分が今経験してるんだ。
そう思うと、
よし!やってやる!!
そして同じような場面にあった人に絶対に「大丈夫だよ」って言ってあげれる様に
力一杯やろう。

と思えるので、
私の耳が聞こえないということはとても分かりやすく、
数々の壁にぶつかると、いつもそうやって思いながら踏ん張って来たのです。

だからそう言う道を教えてくれた母に本当にありがとうといつも思います。
私の耳が聞こえないのは誰かのため。

悔しいことや
悲しいことがあっても
その時に感じたことや乗り越えることが
誰かの為になる。

そう思って、
祖父が教えてくれた
「人の声が聞こえなけりゃ胸で聞け。そして助けてやれ」
を思い出して、
「絶対にできるよ。頑張って!!」と
言い続けて行きたいなと常に思うのでした。

だから皆さんも同じ。
困難や苦しいことに当たったら
それが誰かを助けることになると信じて壁をぶち破って行って欲しい。
同じような場面に出会った人があなたの言葉で助けられた時、
きっと幸せな気持ちになるだろう。

自分が乗り越えることでレベルアップして
誰かが笑顔になれるって素晴らしいことだよね。

これから先もそうでありたいと思う。
ブログなかなか書けないけれどこれを読んでる皆さんが
元気になれるよう、
日々昇進して参ります。

いつもありがとうございます!!!!!!

IMG_1902

髪のびました!!

IMG_1942

お庭のガーデニア!日本名はくちなしの花。
とってもいい香りがするのです。
6年前に頂いたこのお花は最初は小さく、こんなに大きくなりました。
この時期になるといい香りでいっぱいになるくちなし。思い出のお花です。








もう6月だ!!

おはようございます。

毎日ブログ見てるよ!って言ってくれる人がいるのにごめんなさい。

いよいよ東北大震災復興支援活動「陽(あ)けたら海へ」=あけ海があと一ヶ月3週間となりました!!!

有り難いことにスタッフさんは集まって来て、人数も締切りました。
ほぼ去年と同じメンバーではあるのですが、あらたに「今年休みを取ったので参加したいな」って言うご夫婦さんや、
「ゆみえちゃんから話しを聞いて、私に出来ること是非したいな」って言ってくれる人も。。。

本当にありがたいです。

あけ海はボランティア団体なので、あけ海からみなさんに何かをしてあげれることはなくても

きっと子供達の笑顔を見て、最高の思い出にはなれると信じています。

あの子供達の笑顔とその笑顔を生み出す為に来てくれているボランティアさんとの2日間はとても大切な時間になる事は間違いないです!

FBを見れる方はこちらをぜひ御覧ください。
https://www.facebook.com/akeumi/

そして

話しは変わりますが、

先日耳鼻科の正木先生による医大生とのディスカッションが蕎麦屋千登世庵にて行われました。

今迄は医大生が医療に関わる現役の先生方の意見を聞くと言うことはあったものの、
実際に患者さんの意見を聞くと言う場は今回が初めてなようです。

私なりの病院の先生方に求める理想の姿や、コミュニケーションを取るにあたってとても大切なことなどを

1時間に渡って正木先生の質疑応答によってお応えして行きました。

その後はみなさんが私の作ったお蕎麦を食べながら、少しの時間ではありましたがお互いに話すことも出来て
とても楽しかったです。

こんな素敵な貴重な場を作って頂き正木先生にとても感謝です。

医大生のみなさんもまっすぐな優しい目で聞いてくださって、このままお医者さんになってくれたら最高だなって思うほどでした。
でも実際毎日沢山の患者さんが来て、数をこなして行く毎日につい、顔を見ることを忘れてしまうと言います。

本当は悪気はないんだけどもと・・・
でも患者さんがどんな訴えをしているか、どんな顔色をしてるか、何を求めてるか、
果たして勉強して来た医学が全てなのか?

そういった「?」に少しでも応えられていたらいいなぁと思います。

私は蕎麦屋でもそうですが常にお客さんの顔を見ます。

まぁたいてい私の場合は顔を見ないと何を話してるか分からないので見ないと駄目なんですが、

だからこそ、見ることで沢山の気づきがあること、+があることが分かるんです。
これはとても大切。

たかが顔を見ること。これがとても大切なことだって言うことにみなさんにも気づいてもらえたらいいなと常に思います。

私からしてみたら、顔を見ることはその人のストーリーの入り口に立てると言うこと。
相手のその日のストーリーって興味ありませんか?

自分が誰かにどんなふうに思ってもらえるかの様に、自分も見ようと思う。

顔には全ての事が現れています。目にも口の動きにも、表情全てに。きっとそういう風に顔は作られているんじゃないかなとさえ思う。
その人の優しい目に気づけたらとても幸せ。
そして悲しんでる目だったら声をかけてみよう。

そう言うことで誰かが救われたり笑顔になったりしたら存在してる意味を知る。

私は20歳の時に人工内耳の手術を勧められて、これが最後の救いだったけれど、断った私に、

「進行性の難聴でも補聴器の技術が進歩して追いついて行くだろうね。だから大丈夫かもしれないね」と言ってくれた耳鼻科の先生。

人工内耳の手術を断ってこれからどんどん聞こえなくなる私に、とても救いの言葉をくれた。

こういう先生がいっぱいになって欲しい。

病気を治すだけじゃなくて、その人の可能性を大きく広げてくれる先生であって欲しいなぁと思います。
だって医学が全てじゃないから。

IMG_1824

13315373_1081436191963198_8525141901303707953_n

13263783_1081436391963178_4892213772783348280_n

正木先生、医大生のみなさん本当に貴重な時間をありがとうございました!!!!!







5月になったのに

すみませんめちゃめちゃ更新できてなかったです。

5月になったのにごめんなさい。
毎日が慌ただしく過ぎて行く中、ちょこちょこした時間はあるけどPCの前にゆっくりといられる時間が本当にないです。

でもこの前GWあけに1日休みが貰えて、定休日の月曜日と久しぶりに2連休で、卓也のファミリーととっても楽しい時間を
過ごせました。

しかも大好きな私の故郷千葉の一宮で。
15年間住んだ一宮で旦那さんの家族と一緒に過ごせる時間てとても楽しくて、

この為に忙しくても乗り越えられました。

姉がいるイギリスは
休みがいっぱいあって、
日本みたいに1日だけとかじゃなくて
長期でガッツリ休みを取ることができて、
キャンピングカーが高速を一杯走ってるんですよ。

もっとびっくりしたのは移動式の家が高速を走ってた!!

みんなそれぞれ親戚や緑がいっぱいの所に行って休暇を楽しむんですッて。

これは日本でもそうあるべきだと私は常に思う。

父は50年間ほぼ休みなしで千登世庵蕎麦屋で過ごして来たから、それが当たり前になってて、
休みになるとどうしていいかわからないから休みたくないと言う。

でも忙しいあいまの少ない時間を母はあちこちでかけてたもんだから、
休みがもっと欲しいと言う。

姉がイギリスに移住してしまってからは、うちも2週間とか年に一回ぐらいだけど休みを取って
イギリスに行ったりしていたのに、
飛行機時間に耐えられなくて、
イギリスに行けないからとこの幻の2週間休日はどこかに行ってしまった・・・

もちろん毎日働く事も収入の上でとても大切だとは思うけど、
私は休みも返上して蕎麦屋に毎日いる事は正直違うと思う。

わずかな休みでもしっかり好きな事をやって笑顔でお客さんに接する事が出来る方がずっとお客さんも嬉しいと思う。

最近は忙しい事を言い訳にして、
顔も暗くなってた。

この前千葉に行って久々にリラックス出来て大笑いも出来てハッピーだった。

これからもこう言う時間をもっと過ごしたいなぁ。
自分の人生は一度きりなのだから。

IMG_1738

IMG_1736

IMG_1734

IMG_1739

IMG_1742

IMG_1737



IMG_1740