シメルー島3日目

<< SPONSOR >>

早朝、またもや朝ご飯を貰うんだけど、中身を見てそっと置いて行きました。(だってぱさぱさのサンドイッチなんだもん)

ちゃんと時間通り飛行機も来て、乗れました!

<img src="http://go-naminori.com/yumiekouchi/files/2017/04/IMG_4238.png" alt="

シメルー島に行ってる記事が余りなく、見た記事だとsusiエアーラインで本当に小さな飛行機だって書いてあったけど、

こちらはエアーウィングって言う結構大きな50人ぐらいは乗れるかなって感じの飛行機だった。

割と早く1時間ぐらいで到着。

ここ迄来るとサーファーかインドネシア人しかいない!
なのでサーフボードがあるだけで、かってに仲間意識が涌きます。

サーファーは空港でそれぞれの宿のドライバーにピックアップされて行って、

私達卓也と二人で「あれ?誰も声かけてこないね!」やばい!

と思って最後に残った車に声かけると「マヒマヒリゾートの人?」って声かけたら(私達はマヒマヒリゾートにステイする)

たまたまマヒマヒのドライバーだったけど何で声かけてくれないの?

ってちょっと焦った。
これもインドネシア流か?????

一杯のサーフボードを車の上に積んで、なんと、あのうるさいオージー4人組みと一緒だった!「ひえー」

30分ほどして宿に着く。

もうびっくり!

バッファローは居るし、ヤギや牛は普通に歩いてるし、牛のうんちかなんかが道路の真ん中に普通にあるしね。

お宿はこのシメルー島からは想像もつかないほど、整備されたヴィレッジみたいな感じで、

門から入るといくつかのバンガローがあって、食堂もあり、ヨガのステージや、学校は建設中で、バレーボールコートもあり、

ゴルフ場もあった。

私達の部屋はPeakというポイントが目の前に見える絶景で、エアコンなし、ライトは少量だから夜は少し暗い感じ。

マラリアの心配をしたけど普通に蚊にいっぱいさされたけど何も問題なし。

天井についてるファンが心地いい。

この日、なんだかとても疲れて昼過ぎ迄ねてしまった。

ここのシステムは朝ご飯昼、夜ごはんと3食付きなので、この3度の時間になるとこのヴィレッジにいるメンバーに会えるのだが、

一体何人居るの?てなぐらいの凄い人だった。

オーストラリアからの人がとても多く、ポルトガルやアメリカかな。

なかでもこのマヒマヒのマネージャーのネイトが日本語話せて、私達はとてもホッとした。

だってガイド付きだと言うけど、誰がガイドで、いつどこに集まればいいの?みたいな感じだから。

ネイト曰く歯が1本ない強面のショーンがガイドだと言う。

なるほど。

ネイト以外はみんな英語がインドネシア語オンリー。

片言の英語生活が始まった。


 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments