<< SPONSOR >>

シメルー島4日目!

飛行機などのトランジットがあるので実際は2日目のシメルー島。

一日目は午前中は寝てしまったためノーサーフで、午後からガイドのショーンが今日は目の前のポイントがクローズで良くないから
移動するよ。今から5分後に玄関に集合!

ってひとつひとつの宿に声かけて出て行った。

5分後!?

急いで準備し、玄関に行くと、もうみんなスタンバイ!
しかもバイク。

慣れない手つきと、卓也が8年前にバリで運転した事あるから多分大丈夫!ってのと、

慌てながら出発!

すぐ着くかと思ったら、40分ぐらいかかるじゃん!

途中フィンを落とすは、雨が降って来て寒いわ、サングラスしてないし目が痛いわで、なかなか宜しくないスタートでした。(笑)







セット胸からたま〜に頭ぐらいのライトの波でチューブになる波。

結構形のいい波で分かりやすい楽しい波。

ここしか出来ないのかあちこちから人がやって来てあっという間に大混雑。

着替えの準備してると子供達がやって来て、ビーチのインサイドに水がたまって川みたいになってるところを板を運んでくれる。

運んでるのか遊びたいのか遊んでる様にも見えて可愛い。

私のボードは少しのあいだ彼らが遊んでた。ちょっとだけ教えてあげたりして可愛かったな。

ボディーボード裏にして遊んでるんだもん。ちょっとパプアの子供達を思い出した。

まぁまぁいい波で暗くなる頃帰宅。

いやー45分ぐらいかかった。

後からガイドブック見てみると一番遠いポイントだと分かってホッとした。

あとはこのポイントの全部手前が楽しみだ。

シメルー島は本当にいくつか質のいい波が立ってて、サイズがあればあるほど人も少なく、ゲットも倍かかるが、

途中イルカ達が姿を現してくれたり、奇麗な貝殻があったりと、楽しい事が一杯ある。

何よりバイクに乗ってると沢山の人達が笑顔で手を振ってくれるのはとてもハッピーになる。






サーファしかいない、もしくはヨガの先生しかいないので

波情報はこうやって常にあっぷされてる。

うねりの高さや、風の強さ、タイド表などを見て、確認する。

着いた日は天気が荒れてて飛行機が前日飛ばなかったのは納得した。

食堂には卓球台があっていつも誰かしらがプレイしていて、何気に見ちゃう。

ここマヒマヒりゾートには日本人の女の子が初めて来たみたいなので、珍しいらしく、食堂のお母さん達はいつも本当に優しい。

おいしいごはんに美味しいフルーツに美味しいドリンク。本当にマヒマヒのご飯は健康的で、体を常に満たしてくれた。

中でもドラゴンジュースとココナツミルクは毎日飲んでいたな。果物もパパイヤ・スイカ・パイナップル・マンゴーとバナナ本当に美味しかった。

2日目もあるポイントに連れて行ってもらい、びっくり!

トンネルウェーブでめっちゃいい波。

日本人のプロサーファーが二回ほど来てるみたいで、ボスのラヌさん日本語喋ってました。

初めて会うのに私の名前と卓也の名前を最初に言い当ててびっくり。

それほど日本人が来ないってことか!

ここでのいい波乗りを過ごした後卓也が頭を切った。ぎりぎりの傷で縫わずにすんだ。

危なかったーーー・まだ初日だもん。怪我は絶対すると思ったけれど、いきなり頭はレベル高いよ。

こっちは当然ボトムはリーフなのでブーツが絶対必要。

私はBBなのでフィンソックスをはいてるからほぼ怪我なし。でも卓也は頭と足と背中と傷だらけだった。

夕方宿前で。

結構いい波!

ここがシメルー島でいつもコンスタントに波があり、サイズも一番あるんだそう。

レフトのいい波でパイプを優しくした感じ。

割れる所の下からリーフの抜け道穴があって、丸い輪っかのエアーが出て来る。ここがピークなんだなと思ってあとからガイドブックを見るとそう書いてあった。

パイプみたいにバキバキにわれてはいないけど、サイズや割れる感じは少しにててとても嬉しくなった。







続く・・・


 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

<< SPONSOR >>