<< SPONSOR >>

先日八丈島に行って来ました!

おはようございます!

 

1週間前に八丈島に行って来ました!

かれこれ八丈島はもう通い続けて、ハワイと同じ10年ぐらいになります。

いや、もっとかな?ハワイに行く前に修行といい、1ヶ月だったり、2ヶ月だったり行ってました。



八丈島は特に波が大きくなるわけでもないのですが、地形がリーフ(岩)なのでリーフの波の練習になるからと、あとは

ここはサーフポイントは一箇所に絞られていて、3つのポイント以外何もなく、街まで車で20分ほど。

近くに無料の温泉があるだけで、宿泊施設以外何もないので集中できるのです。

ポイントの近くの友喜荘のおばちゃんに頼み込んで住み込みでアルバイトをさせてもらったり、

街の飲み屋さんでバイトして住み込みの寮で過ごしたりしていました。

今思えばなんとなくあの頃はがむしゃらで、八丈島にいること自体を楽しんでいなくて、

いや、楽しんでしまうと負けてしまう気がして、どこか孤独感を味わいながら過ごしていたような気がします。

そんな懐かしい思いがある八丈島。

 

なぜか来ると「只今!」そんな言葉が自然に出て来てしまいます。

今回は2泊3日。本当なら島なので潮の時間を見てから行くか決めるのがベターなのですが、休みがこの日しか取れず

長潮。長潮だとあまり潮が動かないので大きな波の変化は見られず、しかもちょうど前日に低気圧が過ぎたばかりで、

前日が波が良かったみたい。

羽田空港から飛行機で40分ぐらいで到着するとレンタカーを手配して、スーパーあさぬまで島寿司を買ってクーラーボックスへ。この時点で美味しそうなお刺身があるとすぐゲットします。

島寿司は辛子をつけて食べるんですよ〜お刺身のづけが乗っかってる感じ。美味しいですよ!岩のりのお寿司もなかなか他では食べられないです。

島のお刺身は本当に新鮮で美味しいですよ!たまにトビウオのカツバーガーがあるのでこれは私も大好き。

ぜひ食べて見てね!

そして20分ほど走らせて宿は14時からチェックインなのでポイントへ。

朝は8時に羽田をでたのでこの時点で9時半。

前日のウネリが残っていたので、入るとあったかーーーい!そう八丈島は海水温が内地に比べてあったかいのです。

でも島だから風が強く吹いてるので、あったかくてもウェットは3ミリは必須。(でもシーガルの人いましたけどね。千葉はこの時点セミドライ)

サイズは胸ぐらい。久しぶりのリーフにワクワク。

リーフの波は同じ場所で割れるので、何回も同じような練習ができるのが魅力。

風が強過ぎて形はあまり良くないからか人は空いてて、楽しめました。

宿は坂本さんが経営してるバンガローcoo(クー)へ。

こちら本当にオススメですよ。携帯の電波はないけど、テレビもなく、ただあるのは音楽だけ。(私はその音楽すらも聞こえないので本当に何もない)

でも絶景で、海が見渡せるんです。



本当にだーーれも来ないのでたまにこうして猫ちゃんが遊びに来てくれたりして、のんびりしています。

すぐ下には歩いて1分のところに温泉もあって、本当にオススメです。

こう何もないと人間不思議なもので色々喋り出すんです。

普段あまり話さない旦那さんが色々話しかけてくれたりして嬉しいですね♫

夕方もまた波乗りをし、夜には温泉へ。明かりがあまりないので星がとっても綺麗で、流れ星もいっぱい見えるほど。

何もないってなんだかすばらしいなぁ〜なんて。

2日目はサイズが下がったので、朝波乗りをして、昼からすぐに釣りへ。



潮が動き出す前に始めたので2時間弱。

最初全然釣れなくて、小さなお魚とかハリセンボンとか。

結局自分たちで食べれる分だけにしようと、写真の通りだったけどむろあじはやっぱり大きくて立派なサイズで

どんどん釣れて楽しかったな〜

なめろう、焼き魚、煮魚、(これは買ったもの)明日葉和え物、写真にはないけど八丈島南京いもの甘辛煮や八丈唐辛子を使ったチャンジャ(これすごく美味しかった)で3日間美味しく過ごしました!

一回も外食せず、3日間旦那さんの手作りで過ごしました。おいしかった〜〜〜〜

旦那さんありがとう!!

2日目の夜に大嵐になり、3日目の朝はサイズが肩〜頭ないぐらいのいい波で、がっつり楽しめました!

潮の動きを狙わずに行ったのになかなか楽しい3日間でやっぱ八丈島いいなぁ〜〜〜なんて思いまた行くのです。

八丈島は人も優しいし、長年お世話になってる方々もいます。

すれ違うサーファーとも友達になっちゃったりしてね、空港で「またいつかどこかで会いましょうね」なんて。

こういう会話も楽しいのです。

近場だけどやっぱりサーフトリップはいいですね。

一生やっていきたい。

地元の人たちと触れ合い、地元のものを食し、波に乗らせてもらう。

そこでしか出会えない景色や生き物も感動するし、

またそこで出会った人はいつかまた海で再会する。

波乗りを続けてる限り。



さぁ次はどこへ行こうかな?

種子島も行って見たいし、スリランカへも。

ポルトガルもいきたいし、ペルーもいきたい。

そのために一生懸命お仕事を頑張るのです。

なかなか行けないけどね!

皆さんもぜひ八丈島行って見てね!その際は必ずローカルリスペクトで挨拶を必ず忘れずに!

気持ちよく楽しく過ごしてくださいね!

 

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

<< SPONSOR >>