2016年ありがとうございました!

いよいよこの日を迎えて、改めてみなさんにお礼を書きたかったです。

今年も沢山の皆さんに会えました。
小さい頃から人と話す事が億劫で、苦手だった私が今では人見知りもせずにすぐに友達になれてしまうほど迄変わりました。

それはやっぱり人が大好きだから。
いつも心の変化をもたらしてくれたり、
素敵な感動を作りだしてくれるのが
「人」だからです。

時には、勘違いからうまれるすれ違いもありました。

それでもきっとその時はそう言うタイミングなのでしょう。
昔はそう言う時にじたばたして、落ち込んだりもしたけれど、

今はすんなり受け止める事が出来ます。
それが
「人」だから。

だけど私の周りにはいつも人を思う優しい友達がそばに居てくれます。
その存在だけで何でも頑張れるのっていうのはありますよね。

私の大好きなインディアンの言葉に
「あなたがもしも周りに誰もいなくなってもやり遂げられる気持ちがあるのか私は知りたい。
世界中の誰もが敵になって、あなた自身が1人になっても、あなたはあなたの事を愛してるか私は知りたい。
要するに、あなたがちゃんとあなたのことを分かってるか私は知りたいのです。」

というはっとさせられる言葉があるのですが、

元々人間って1人ですよね?
いやいやもちろん親家族友人がいて、一人きりではないのですが、

夢を叶えるときって実はとても孤独だと思うのです。
又何かをやり遂げるときって、恐ろしく不安で、逃げ出したくなるときも。

そんな時一番孤独を感じるのです。
つまり私は自分次第だと思っているので、
もしも今一人きりだったらどう考えるだろう?


私は蕎麦屋の3代目として父と母、そして初代は祖父が作り上げたレールに乗っている訳ですが、
駄目にするのも良くするのも私次第なのです。

何故なら一人きりの3代目としてやっていく訳ですから。
今迄夫婦二人で後を継いできた千登世庵ですが、私の代から一人きりになります。

この前インフルエンザになって、引きずる様にしてお店に行きましたが何も出来ず、
両親に御願いしました。
もしも両親が居なかったら?
この先年老いてもう引退して1人になったらどうなる?

そんな不安が頭をよぎります。
だけどきっとやっていくに連れて、新しい挑戦に出会えるだろうと、思うとわくわくもします。

そうやって常に自分との戦いな訳ですが、2017年は更にその戦いがヒートアップしていくと思います。
その為に
日々
やはり、強くありたいですね。

どんな事にも負けない私でいたい。
2016年は沢山の出会いに恵まれ、自分のやりたい事をいくつか達成する事ができました。
これはいつも支えてくれてるみなさんのおかげです。

又やりたい事を応援してくれてる両親、旦那さんのおかげでもあります。
本当にありがとうございました。

また2017年も素晴らしい年となります様に!みなさんの事も祈っています。

今年最後の皆さんへのプレゼントとして、デザイナーのい志ざきがくくんと作り上げた
「ゆめぇちゃんの探し物」ぜひ御覧になってください。

クラウドファンティングのご支援もあわせてどうぞ宜しくお願い致します。

【 Amazon電子書籍版 販売開始!!! 】
お待たせ致しました!
以下より電子書籍版の『ゆめぇちゃんのさがしもの。』
ダウンロード購入できます!

🎅皆さんにとって素敵なクリスマスでありますように✨🎄

▼ダウンロード方法
[1] 絵本アプリをダウンロード[ amazon Kindle ]
goo.gl/rczzIv

[2]🔴購入サイトより『絵本を購入』で完了!
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MT2B3MZ

クラウドファンティング→https://camp-fire.jp/projects/view/15467

それでは!!
大晦日当日!お蕎麦頑張って美味しく食べてもらえる様頑張ってきます!!
みなさんも良いお年を!風邪引かないで楽しいお正月を過ごしてくださいね!

みなさんに沢山お会い出来ます様に!!!!!


Continue Reading

お久しぶりです!

すみません一ヶ月もあけてしまいました。

この一ヶ月めちゃめちゃ忙しく、もう1人自分がいればいいのにーーーーーと本気で思いました。

私は誰かに御願いするより自分で動いた方が早い!!と思ってしまい人にお願いが出来ない人でもあります。
一緒に行動するのに、全然だめな人なので、
この1ヶ月は実は自分なりに気づく事がいっぱいあって勉強になりました。

もう40年も生きてるのに、
気づく事が沢山って、
有り難い事ですね。

例えば、お店に(修行中の実家の蕎麦屋にて)営業時間が過ぎて入って来た団体さんがいました。

その日はとっても忙しく、
お蕎麦もなくなり、釜湯も消してしまったあとでした。

私達はパートのおばさん含め、へとへとになりながら、やっとこさお昼ご飯を食べてる途中でした。

食べ終わってから蕎麦をつくるので、
急いで食べてる所へ

がらっとドアを開けて6名も。

正直心の中は「OMG!」でした。
でもみんな道を間違えてやっとたどり着いたと言う。

お腹空かせてる訳です。

でもお蕎麦はわずかしか残っていなく、火も消しちゃったので、断ろうとしてる所へ
母が
「入れてあげなさい」
と。

瞬間、頭の中を今迄自分がやろうとしていたスケジュールがガラガラと崩れ落ちて、
でも・・・
なんて言ってる馬鹿者私が居ました。

結果みなさん美味しそうに食べてくれて、
楽しそうに話していて、
数日後にSNSでアップしていたところに

「優しい女将さんと美味しいお蕎麦にありつけて大満足でした」
と言う
記事がUPされており、
沢山のコメントが書かれていて
みんな「行ってみたい!」

と有り難くも書いてくれていたのです。

あぁ、なんて未熟すぎる私なんだと。
母は凄いなぁと本当に頭が上がりません。

「お腹空かせて来てるお客さんは全て入れてあげなくちゃ」と
いつも大サービス満点の母。

本当に自分の未熟さに嫌になりました。
とっさに、
海と照らし合わせて考えてみたら、
海って
どんなに自分の気ままなスケジュールでもいつでも受け入れてくれてたなぁと。

もちろん潮の時間やうねりのある時間帯、波のある時間帯によって全てが言い訳ではないけれど、
「駄目です」

なんて言わないんだったんぁと。

本当に母は凄いです。
そして私はやっぱり駄目駄目です。

こう言った事を今年何回も経験する事が出来て、とても有り難いなぁと日々勉強中です。

ほんと、未熟ですみません。

また話しは変わりますが、
この度チャレンジプロジェクトに参加する事となりました。

そう絵本を作りたいということです。
良かったら見てください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-9-28-31-am

とても仲良しのデザイナーい志ざき がくくんの絵と共に生まれました。

私が気づけた大切な事、みなさんに伝えたいことを絵本を通じて知ってもらえたらと思います。

https://camp-fire.jp/projects/view/15467
そしてどうかどうか皆様、ご支援お願い致します。

忙しい12月頑張って乗り切るぞ!


Continue Reading

青森に行ってきました!

先日青森へ行ってきました!

昼にお店をやってから夜に到着したのですが、一気に大晦日の気温を味わった感覚でした!

やっぱり北は寒いね!!でも、その分人が暖かい気がします。

一泊してから次の日は朝から青森聾学校へと、仙台営業所の松井さんがお迎えに来てくださいました。

初めはすぐ近くにあります泉川小学校へと、講演へ。

300名以上はいました全校生徒、皆さんへの講演。みなさん一生懸命聞いてくださいました。

大きな声で挨拶の出来る素晴らしい泉川小学校の生徒さん。

「はい!」「ありがとうございました!」とはっきりと大きな声で言っていたのがとても印象です。

校長先生もとても素敵な方で、お話も楽しかったです。

午後はなんと青森聾学校の可愛い子供達と一緒にボッチャをやったり、ジェンガをやったり「ぶらぶら」という、
バランスを取るゲームをやったり

とってもとっても楽しかった。

こんな時間を与えてくださって、青森聾学校の先生方にとても感謝しています。

今迄手話が出来なくて、少し悔しい想いもしていたので、今回だいぶ覚えて、積極的に会話に入れて、

でもそんなに手話なんて必要ないぐらい笑って、騒いで、一緒に子供の気分に戻った様でした。

とにかく可愛い。

素直で、助け合って、仲良し。私自身とても幸せでした。

それからの高等部へ講演。

みんなそれぞれ未来に向けて夢がある人、自分をしっかり自覚してる人、聞きたい事がはっきりしてる人、

質問を沢山頂きました。

あっという間の1日。

時間があっという間に過ぎていって、振り返ってみるとなんて有意義な時間だったのだろうとしみじみ思うのです。

もしも私が講演をやっていなかったらこんな風に沢山の人と触れ合える事などなかったと思うのです。

今こうして素晴らしい皆さんに会えるのは、

今迄の過去があったから。

色んな想いをもって過ごして来た過去だけれど、こんな素敵な未来があるなんて

あの頃の私にそっと伝えてあげたい。

この日、私がお伝え出来た「夢は絶対に適うから絶対に諦めないでね」と言うメッセージ、

どうか伝わります様に。

今は漠然としてわからないにしても、いつか困難にぶつかった時にはっと思い出してくれたらいいな。

私はいつも皆さんの事気にかけています。

今後、皆さんの強い術となって身に付く事が出来ます様に。

そしていつか誰かを助けてあげれる立場となれること、祈っています。

文明堂補聴器下田さん、仙台営業所の松井さん、下川さん、

青森聾学校の泉川小学校の、校長先生、教頭先生、学校の先生方、保護者の皆様、生徒さん達、本当にこんな

素晴らしい機会をありがとうございました!









img_3356img_3359img_3360img_3355img_3354


Continue Reading