Early Bird to Eagle

76

朝に人けのないビーチを歩いていた。周りに誰もいなくて、太陽が昇り、金色の砂地に、僕の足跡しかない所で、僕はサーフィンするためにジャンプインする。今まで以上にハワイのことを大好きにさせてくれるのはこんな時間だよ。僕は早起きなんだ…

僕は朝に波を凄い勢いで飛んでいた。周りに誰もいなくて、雲が形をつくっていて、ギラギラ眩しかった。そして海にぶつかりそうな鳥のような気分だった。とにかく僕はやり遂げてホワイトサンディービーチまで波に乗って笑顔で家に帰ったよ。i’m an eagle…

(翻訳: タナカ チヨコ)