HEROs Labを終えて・・

216

おはようございます。
先日ヒーローズラボで高校生にお話をさせていただく機会がありました。
それはそれはとても素晴らしかったです。
ヒーローズラボとは・・

(以下抜粋です)
日本財団は、アスリートの社会貢献活動を推進することで、スポーツでつながる多くの人の関心や行動を生み出し、社会課題解決の輪を広げていく「HEROs Sportsmanship for the future」プロジェクト(以下、HEROs)を続けています。

アスリートが自らの経験をもとに、高校生に伝えたい夢・目標・困難に立ち向かうチャレンジ精神を熱く語る特別授業を開講。
「HEROs LAB」は、社会起業家やイノベーターなどが講師となる「日本財団高校生みらいラボ」の一環として取り組むものです。アスリートが講師を務める授業を「HEROs LAB」という名称で実施いたします。

今の高校生とお話しする機会なんて、なかなかない中での質疑応答はとても素晴らしかったんです。というのも、私が高校生だった頃、こんな真剣に目の前にあることを考えていたかなと思うほど、しっかりとした自分の言葉で私に話してくれたからです。
そして自分がどういう存在かっていうこともしっかりわかっている。
責任も考えた上で、その先を見ているので、逆に凄いなと思いました。
そしてこのコロナという世界的に経験のない時代を今真っ只中に生きている高校生たちは
普通に生きていたら得られない困難を生き抜く選ばれた戦士たちに見えて仕方がないです。
未来の世界はそんな戦士たちが切り開いていくであろう素晴らしい世界だろうなと
私はさらに楽しみになりました。 
こんな素晴らしい場所でお話をする機会をありがとうございました。
大人の方でも見学できますので参加してみてください!
高校生のみなさんありがとうございました!!

https://sportsmanship-heros.jp/heros-lab.html

挑戦することって、ちょっと怖いよね。
でも私は一番ワクワクします。新しい自分を発見できるから。
立ち止まることも、出来ないことも絶対ある。
だって初めて経験することだから。それは当たり前。
でも何もない平和な生活が一番私は不安になるかな。
だって、人は成長し続けていける生き物だから。
せっかく生まれたのなら、常に進み続けていきたいよね。
きっと新しいこと誰もやったことないことをやってきた人はもっと怖かったと思う。
でもそういう人って新しい自分に会えることを一番ワクワクしていたんじゃないかなって思う。
楽しいことは最後にやってくるものだから、まずは最初に不安要素を持ちつつ、そこをやっつけちゃって、少しづつ少しづつあの先の自分をイメージして誰のペースでもない
自分のペースで進んでいきたいよね。

今回ヘルニアになって色々落ち込んだ時間もあったけど
きっともっと未来になって振り返るといい時間だったな・・きっとそう思える自分がいることを私はわかってる。

自分のことは自分でしかジャッジできない。
正しいジャッジをできるようにするには自分で自分を高めていくこと。
そうしたらきっと誰かと自分を比べたりなんて気にならなくなると思います。
他人に朝起きてから寝るまでの1日を私がどう過ごしてるかなんてわかりもしないのに、
ジャッジなんてできないもの。
自分ができるかできないかは自分次第。
「私」っていう個性を受け止めて、世界中にいろんな個性を持った人たちに会いにいく。
そう思うと、私は楽しみだなぁ〜っと思えて仕方ないのです。

みなさんも頑張ってね!
自分の人生を生きよう!

いくぞ〜〜〜〜〜!!