耳栓をしてサーフィンするという常識。高性能 SURF EARS 3.0 発売開始

3226

冷たい海でサーフィンをし続けるサーファーたちの中で「サーファーズイヤーの手術をしないといけなくなった。」という会話は、最近よく聞く話。
サーファーズイヤーとは、耳に入ってくる冷たい水を防ごうとする人間本来が持ち合わせる増殖してしまう機能。耳の中にある骨がコブを作りだしてしまい、耳の穴がちいさくなる。これにより、音が聞こえづらくなり、水抜けが悪く、偏頭痛に悩まされる深刻な病気。
そんなサーファーズイヤーの病気を防ぐ唯一の方法が、耳栓をすること。しかも、海の中で音は認識したい。そんなサーファーにおすすめしたい「SURF EARS  3.0」がマニューバーラインから発売が開始された。
SURF EARS 3.0 は、アンバサダーにコナーコフィンを迎え、EarLabsというスウェーデンのサーファーとエンジニアグループによって開発されたプロダクト。聴覚に影響を与えることなく、耳を保護する世界初の耳栓。
水を遮断しながら音を通す、独自の音響メッシュを利用し、水を避けながら音を入れられるように設計されています。
巧妙に設計されたサーフィン用の耳栓は、サーフィン中にあなたの耳に完璧にフィットするようカスタマイズすることができます。
サーファーズイヤーは、長年サーフィンを真面目に続けてきた勲章でもあります。SURF EARS 3.0 をつけて、冷たい海でサーフィンをもっと愛し続けてみてはいかがですか?
是非、プロダクトもチェックしてみてください。

販売元:マニューバ−ライン
https://maneuverline.co.jp