水曜日 4月21日 2021年
タグ ミシカ、ライブ、サーフミュージック、mishka

Tag: ミシカ、ライブ、サーフミュージック、mishka

現代のボブ・マーリーMISHKA JAPAN FALL TOUR 2012開催!!

現代のボブ・マーリーこと、Mishkaが最新EP『Anything Anytime Anywhre』をひっさげて、来日公演!!!最終公演、10月11日の和歌山公演はGo Naminoriもサポート!!このチャンスを見逃さないで!! ☆MISHKA JAPAN FALL TOUR 2012☆ ☆MISHKA Biography☆ まるで映画のような人生を歩んできたミシカ。彼は若い頃の殆どをカリブ海のボートの上、島から島へと航海する両親と姉達と過ごす。そんな「島の子」ミシカにとってレゲエ、ラスタファリなどに惹きつけられるのは自然であり、ミシカの音楽にどこか自然で神秘的な要素が感じられるのはそのせいである。「子供の頃に両親や姉達から聞かせてもらった音楽や訪れた場所の数々から、僕は音楽的にも文化的にも柔軟性を身につけることが出来たんだ。僕が今までに聴いてきたもの全てが僕の音楽に繋がっているんだ。僕は大のレゲエ・ファンだけど、それだけじゃない。フォークやソウルやロックなどの要素も僕の音楽にはあるんだ。」そして彼はいつもその生い立ちも国際的に注目される。「僕の両親はバミューダで出会ったんだ。二人は海で生活する夢を持っていて、父が家族で住むためにボートを建てたんだ。僕は3歳の頃にはボートに引っ越していたよ。そして家族でカリブ海や大西洋中を航海したよ。ブラジルにも行ったし、カリブの島は全て行ったよ。大西洋を渡ってポルトガルとイングランドにも行ったね。」もちろんミシカと姉達(姉の一人はヘザー・ノヴァ、ヨーロッパで活躍するアーティスト)は小学生の頃などは学校にも行かず、ボートで教育を受ける。「地図やチャートの見方を学ぶのが僕にとっての数学と地理の授業で、いろんな国に行って人々とその国の文化について話すのが歴史の授業で、航海中に本を読むのが国語の授業で、港でフランス人やポルトガル人と話すのが外国の授業ってところだったね。」 航海中のボートにはカセットプレイヤーがあったのでミシカは両親が愛する音楽を聴く事が出来た。ビートルズ、ジミー・クリフ、ディラン、ジミー・バフェットなどを聴いていたが、「しばらく経つと僕の姉がポリスやカーズやロキシー・ミュージックなどを僕に聴かせはじめたんだ。でもバーニング・スピア、カルチャー、そしてボブ・マーリーを聴いたとき、僕はもう完全にレゲエにはまってしまったんだよ」 続きはオフィシャルサイトで。オフィシャルサイト 〜スケジュール〜 ●10.5 (Fri) 金沢文庫 The Road & The Sky Open: 17:00 Start:19:30 Ticket: 前売り¥2500 / 当日 ¥3000 Address: 〒236-0055 神奈川県横浜市金沢区片吹63-1 For More Info: Tel 045-701-1639 http://theroadandthesky.com/ ●10.7...
- Advertisment -

Most Read