日曜日 1月17日 2021年
タグ The Surfer's Journal

Tag: The Surfer's Journal

THE SURFER’S JOURNAL(ザ・サーファーズ・ジャーナル) 発売中です

サーファーズジャーナル最新号発売中!今号はなんと、ホフマン&フレッチャーファミリーについて、トータル84ページの大特集!! 内容については、US編集部の解説と日本版編集部の編集後記にてすこしご紹介。 「もしも君にとって、本誌ザ・サーファーズ・ジャーナルを開くのが初めての経験だとしたら、きっと総ページ数128ページの雑誌に特集記事がひとつしか存在しないことに、不思議な思いをいだくことだろう。なにしろこの号のホフマン&フレッチャー交響楽団の記事は、トータル84ページの大特集。特筆すべきは、サーフィン出版史55年にあって、おそらくこれがもっとも長大な特集記事だということだ。 ご購入はこちらから!

The Surfer's Journal 8/10発売です!

【The Surfer's Journal日本語版最新号のご案内】 夏真っ盛りの今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか?暑い夏にTSJ!夏のザ・サーファーズ・ジャーナル日本語版、3.3号がいよいよ8月10日発売になります!その内容をご紹介! 益々充実の3.3号!今号の発売日8月10日には、逗子海岸海の家Surfersで、「ザ・サーファーズ・ジャーナル ミッドサマー・パーティ」が開催されます! 読者のみなさん!COME O〜N !!! プエルトエスコンディード以上にハードなメキシコのパッキング・チューブを紹介する ●Pseudo Escondido オーストラリアの鬼才アンドリュー・キッドマンが、優美なステファニー・ギルモアのシングルフィン・ライドを記録した ●Lightweight Hauling on Sand-Bottom Spinners 「このデビルは死なない!」 スケーター、アーティスト、フォトグラファー・・・変幻自在なマルチアーティスト、デビルこと西岡昌典の半生を、本誌編集長、森下茂男が紹介する日本語版オリジナル・コンテンツ第2弾! ●This Devil Won’t Die  現在欧米で最注目されているアーティスト、ジュールス・ドゥ・バリンコートを取り上げたアートコーナー ●Between Strokes 今回のポートフォリオは、"ショーティ"と呼ばれる男、アンドリュー・バックリー ●Natural Selections 活動の場をオーストラリアに求めたカリフォルニアの名シェーパー、マイケル・カンデスの半生を追いかけた ●Point Solutions モザンビークのサンドバーがはじめて紹介された ●36 Hours from Durban ドロップ・ニーで有名な孤高のボディボーダー、ポール・ローチを紹介する ●Presumed Extinct サンフランシスコ、オーシャンビーチの完璧な4日間をフォーカスした ●Outré Bar
- Advertisment -

Most Read