土曜日 1月16日 2021年
ホーム NEWS 6歳でサーフィンの世界チャンピオン。だが彼女が背負うものとは。

6歳でサーフィンの世界チャンピオン。だが彼女が背負うものとは。

6歳にしてサーフィンとスケートボードの世界チャンピオンになること自体素晴らしい快挙なのに、彼女はある病気を生まれつき持っている。そのハンデを彼女は全く感じさせず、サーフィン、スケートボードを楽しむ。その純粋な気持ちがさらに彼女のポテンシャルを向上させているのではないでしょうか。6歳とは思えない綺麗なライディングは見応えありますよ。

A small surfer makes big waves from ABC Open on Vimeo.

サーフィンは、4歳の時にお父さんの影響で始め、さらに、その3ヶ月後にはスケートボードにも乗るようになった。両親もコーチも、その類い稀な才能にただただ驚くばかりだったそう。しかしアドレナリン欠乏症という病気を煩っており、今でも1日3回の抗生物質を飲まなくてはならない。その困難を乗り超えてチャンピオンに立つことは、決して容易ではない。ハンディをハンディと思わず純粋に「好きだから。」と楽しむ彼女のサーフィン、スケートボードへの思いは、最強で純粋です。
Screen-Shot-2014-08-17-at-1.43.27-PM

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments