SURFING WORLD 2008 12月号

512

特別付録 Premium DVD「sessions」
~あなたはこのセッションの目撃者になる!~
オーストラリアの新鋭映像クリエイター、ティム・ボニーソンが製作指揮した話題の「セッションズ」。その内容は、おそらく過去に映像として記録されたチューブライディングの中で最高レベルに達している。本作品は、今夏オーストラリアで販売され一大旋風を巻き起こし、さらに全米、全欧へ波及している。
出演サーファー:ケリー・スレーター、アンディー・アイアンズ、ミック・ファニング、ジェイニー・オブライアン、ブルース・アイアンズ、ギャレット・マクナマラ、ジェイソン・シバタ他多数

第一特集「なぜ?千葉」
~サーファーの都、千葉/前編一宮・いすみ~
どうして千葉に魅かれるのか?サーファーたちにとって千葉の波はどんな波なのか?その千葉コーストラインを徹底取材。常にハイクオリティーな波が常に打ち寄せる千葉。その四季折々の波を撮りためた地元カメラマン神尾光輝の作品を紹介するとともに、千葉の魅力について、湘南や九州から移り住んだ移住組プロサーファー、この地に生れ育った地元組みプロサーファーたちそれぞれに語ってもらった。さらに関東近県から意外にも電車で行きやすい千葉を紹介。今後のサーフトリップのあり方を、実際に電車で通うサーファーから学ぶ。
第二特集「波乗りドリル 中級編 Vol.1」
~オンショア攻略法~
サーファーにとって理想的な波のコンディションはやはり「オフショア面ツル、サイズ胸肩頭」が一般的だろう。しかし、それはあくまで理想…。そこで今回はオンショアコンディションの攻略法を徹底解説。きっとサーフィンの楽しさが倍増するはず。
第三特集「 Dema Uno Ola Larga Por Favor!」
~その長い波を一本ください~
ハワイに長年住みグローバルなウェイブハンティングを続けるニック・野崎率いるツアーメンバーが、日本から21時間の果てに出会った波は一体どんな波だったのか? 灼熱の太陽の光とタコスとテキーラ、底抜けに明るいメキシカン、そしてどこまでも続くロングウォールの波が今回の旅の主役となったようだ。悪戦苦闘の末、前人未踏の奇跡の波と出会ったことなど、世界中を旅するコラムニスト、ニック・野崎が、陽気なメキシカンサーフストーリーを綴った。