佐藤傳次郎フィルムショー with Kazz、7/24(金)京都にて開催

557
サーフィンフォトグラファーの巨匠、佐藤傳次郎氏のフィルムショー『海の風』が2009年7月24日(金)、京都にあるカフェ&ダイニング『NAiNOA(ナイノア)』にて開催される。
佐藤傳次郎氏により長年にわたり撮影された映像と、鬼才ギターリストKAZZのLiveギターに乗せて、視覚と聴覚とをコラボレーションした必見のイベントだ。
【佐藤傳次郎フィルム・スライドショー「海の風」With Kazz】
◇日時
2009年7月24日(金)
OPEN 19:00/START 20:00
◇場所
カフェ&ダイニング NAiNOA(ナイノア)
京都市中京区蛸薬師通麩屋町東入ル蛸屋町157
http://www.nainoa.jp
◇料金
ADV.2000円(W.O.1Drink)
◇お問い合わせ
カフェ&ダイニング NAiNOA(ナイノア)
075-212-1311
■佐藤傳次郎
1952年、新潟県生まれ。カウアイ島在住。
自然が作り出す神秘で歴史的写真を、数多く残しているカメラマンとして、世界的に知られている。世界のレジェンドサーファーたちを撮り続け、映画、CM、雑誌等、日本だけにとどまらず、世界のサーフィン業界においても活躍。16mmやビデオ映像も数多く手がけ「ゼネラル・ウェイブ」、「アロハ・ウェイブ」などの作品も発表し「ガイア・シンフォニー」ではジェリーロペスの水中映像を提供。サーフィン映画「イン・ゴッド・ハンド」では、8000フィートにも及ぶトーイング・サーフィンの映像を提供した。2002年、「The History of Surfing Culture」では、世界26人のサーフィン・カメラマンの1人として作品が取り上げられている。
■Kazz
北海道出身、神奈川県葉山在住。
ソロ活動を中心に音楽活動を続けている。なかでも、アコースティックギター、カリンバ、ジャンべを使ったオリジナル曲を中心にライブ演奏を行っている。そして世界的なサーフィンフォトグラファーである佐藤傳次郎氏のスライドショーでのジョイントライブなど視覚と聴覚とのコラボレーションで評価を得ている。またアフリカンパーカッションのワークショップを小学校や幼稚園、子ども会などでも行っている。2006年にファーストアルバム「Glassy“凪”」、2008年にセカンドアルバム「夢ごこち」をリリースした。