日曜日 2月28日 2021年
ホーム NEWS 第3回サーフィンサイエンス&テ クノロジーシンポジウム開催!

第3回サーフィンサイエンス&テ クノロジーシンポジウム開催!

来る2010年11月6日(土)に、津波の危険性と今後の対策について考えるシンポジウム
(第3回サーフィンサイエンス&テクノロジーシンポジウム)を開催することとしました。
早いも のでこれでもう3回目です。皆様、是非ふるってご参加ください!

“第3回 サーフィンサイエンス&テクノロジーシンポジウム” 開催案 内
2010年2月28日(日)、チリ地震津波が我が国の海岸に来襲しました。今回の津波では幸いにも砂浜にいて命を落とした 人はいませんでした。
しか し、日本近海で発生した大津波が、多くの海水浴客やサーファーで賑わう海岸に来襲したら、どうすれば良いのでしょうか?
そこ で、来る2010年11月6日(土)に、津波の危険性と今後の 対策について考えるシンポジウム(第3回サーフィンサイエンス&
テクノ ロジーシンポジウム)を開催することとしました。
当日 は、津波や海難救助の専門家5名の講演を予定しており、
○ チリ地 震津波での市民(サーファーを含む)の意識と行動はどうだったか?
○ 湘南や その他の地域の津波はどのように違うのか?
○ サー ファーは数分の速さで来襲する近地津波に対して、沖へ逃げるべきか?岸へ逃げるべきか?
○ 津波が 来たときに、海水浴客やサーファーはどのような行動をとるべきか?
○ これか らの津波避難対策はどうあるべきか?
など、 興味深い発表が予定されています。
また、 会場に来られた参加者全員で議論する“ディスカッション”の時間を多く取り、
“これ からの波打ち際の津波避難対策”の
提案と 課題抽出をしたいと考えています。多数の皆様のご参加をお待ちしています。
第3回サーフィンサイエンス&テクノロジーシンポジウム(案)
津波、 ビーチから逃げるには?
日 時  2010年11月6日(土) PM2:00~PM6:00
場 所  TKP横浜駅西口ビジネスセンター カン ファレンス3会議室
主 催  (独)港湾空港技術研究所(PARI)、日本サーフ学会設立準備委員会(JSSC)、サーフライダーファウンデーションジャパン(SFJ)
後 援  日本サーフィン連盟(NSA)、日本プロサーフィン連盟(JPSA)
対 象  自由
連絡先  Surfing Science & Technology Symposium事務局
TEL.046-844-5049 FAX.046-844-1274 e-mail: sst-sympo@ipc.pari.go.jp
ホーム ページ http://ceo.pari.go.jp/sst-hp/
プログ ラム
1.開 会あいさつ  日本サーフ学会設立準備委員会会長 梅本利樹 2:00~2:15
2.イ ントロダクション 日本サーフィン連盟副理事長 宗像富次郎 2:15~2:30
3.津 波と海岸の利用者  港湾空港技術研究所研究主監 高橋重雄 2:30~3:10
4.前 半部 質疑応答とディスカッション            3:10~3:30
休憩                           3:30~3:40
5.こ れからの津波避難     サーフレジェンド社長 加藤道夫   3:40~4:00
6.救 命の立場から 日本海洋レジャー安全・振興協会部長 日高秀希 4:00~4:20
7.海 浜利用者の津波防災意識     関西大学准教授 島田広昭 4:20~4:40
休憩 4:40~4:50
7.参 加者全員でディスカッション             4:50~5:50
9.閉 会                         5:50~6:00

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments