日曜日 3月7日 2021年
タグ ビーチ

Tag: ビーチ

オリジナル動画 TSSC ユーザーズコンテスト@四国生見ビーチ

TSSC ユーザーズコンテスト@四国生見ビーチ 毎年、春の訪れと共にやってくる四国生見ビーチで開催されるTSSC ユーザーズコンテスト。 4月2日(日)今年で32回目を迎える今大会は、肩前後のグッドウェーブにも恵まれ、日本各地から集まった選手の熱いヒートが繰り広げられた。 ハワイからは GONAMINORI カービー福永も来日し、1年に1回大切な仲間が集まるアットホームな雰囲気で終始行われていました。 現役プロライダーによるエキシビジョン▲胸〜肩 現役プロライダーによるエキシビジョンは、肩前後のホレホレの難しい波でも、ハイレベルなライディングを魅せてくれ、大いに盛り上がりを見せました。 TSSC 2017年、今期の一押しモデルであるマッチシェープや造道シェープの最新ボードの試乗会もあり、皆、興味しんしんで乗り味を楽しんでいました。 そんな春の暖かい気候と四国の海を感じる映像で GONAMINORI のオリジナル動画をお届けます。 そろそろ、長かった冬も終わり、サーフィンの季節になりましたよ〜! みんなで海に向かいましょう! レッツ ゴーなみのりです。 GONAMINORI オリジナル動画 TSSC SURFBOARDS http://tsscsurf.com

何故か『夕陽』で心が震えてしまうハワイのサーフポイント5選

1、アラモアナ・ボウルズ (SOUTH) ストレスフルで窮屈な日本を抜け出して、日常のすべてを忘れて朝から晩までサーフィンをする。海の中で深呼吸してリラックスするとポジティブな気持ちになれる。陽が落ち始める瞬間に夕陽を見ているだけで、自然と涙が流れていた。そんな人を何人も見た場所がアラモアナボウルズだった。ハワイには、マナ(精霊)が宿る。と言われているのは知っていたが、このことだったのかもしれない。 2、ハレイワ・アリービーチ (NORTH) ワイキキにステイしていると、夕方にノースショアでサーフィンすること自体、なかなか難しい。だが、そこにプライスレスな経験が待っている。ノースショアは強烈な波というイメージがあるが、ハレイワのミドルサイズであれば、日本人中級者でも状況をよく見て左側から周りこめばアウトに出れ、発狂してしまうほどのレギュラーの波にありつけることもある。大自然の中での美しい夕陽は経験した人でしか味わうことはできない。 3、ダイヤモンドヘッド・ライトハウス (SOUTH) ワイキキから車で10分程度で着いてしまうハワイのメジャーサーフポイント「ダイヤモンドヘッド ライトハウス」。崖から見下ろし向かって右側にあるライトハウスは、ローカルがキツめの掘れたクセのある波質。崖から見下ろすサイズと、実際に入ってみると以外と大きいこともしばしば。夕方、陽が沈む一瞬に海に浸かっているだけで、すべてに感謝できてしまうハワイの名物サーフポイント。 4、マイリポイント (WEST) オアフ島ウエストサイドに位置するマイリーポイントは、夕陽を隠すモノが何もなく、丸い地球の水平線に太陽が沈んでいく。決して安全な場所とは言えないウエストサイドだが、開発が進んでいない、リアルなハワイと自然を肌で感じることができる。マカハ同様、ヘビーロコの前乗りをすると、退場か、最悪、鼻血が出てしまうので、あまり調子に乗りすぎないように注意が必要だ! 5、ケワローズ (SOUTH) 日本人サーファーも少なくローカルに愛されるタウンの人気ポイント。サンセットタイムは、心が震えるほど西陽が美しく、ピンク色に染まったワイキキの街を西側から唯一、一望できる場所でもある。ポイントの近くには、アラモアナ・ショッピングセンター、ワードセンター、カカアコ、ダウンタウンなど美味しいディナーを楽しめるスポットもたくさんあるのも魅力のひとつ。 ハワイでサーフィンするなら満足度,リピーターNO,1のカービー福永サーフィンガイドで! 《申し込み随時受け付け中!》 http://go-naminori.com/kirbyhawaiisurfingguide/ GONAMINORI ハワイガイドマップ2016 ホテルズコンバインド 日本版 Hotels Combined WEB : https://www.hotelscombined.com/ スマホアプリ : https://itunes.apple.com/jp/app/

ハワイの行きたい絶景ビーチ「ワイメアベイビーチパーク」伝説のビッグウェーブ大会エディ・アイカウの開催場所!

20フィートクラスの大波が押し寄せたときのみ開催される伝説の大会「クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ」の開催場所でもあるワイメアベイビーチ。 毎年11月〜2月は冬のサーフシーズンとなり、波もハードで波打ち際に近づくことも危険なビーチ。だが冬以外のシーズンは波も穏やかになり、多くの海水浴客で賑わう絶景ビーチとなる。 ハワイらしい真っ青でキレイなビーチ左側には、崖上から飛び込むことができるダイビングスポットがあり、日頃の悩みをすべてを忘れて飛び込むことができる。 ワイキキに比べると人も少なく、駐車場、シャワー、トイレ、ライフガードも完備されているので、家族連れやカップルでゆっくり過ごすビーチとしてもオススメ! ビーチ左にある、ダイビングポイント。行った記念に必ず飛び込んでみて! ハワイらしい真っ青な絶景ビーチ。海水の透明度もバッチリ! ワイメイ渓谷の橋から見える景色 ビーチ入り口にあるサイン ワイメアベイビーチパーク 住所:61-031 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712 Google map でここに行く >> 駐車場:あり シャワー:あり トイレ:あり Google map でここに行く >>

ハワイで行きたいビーチNo,1。天国の海ラニカイビーチ!サーファーもたまには大切な人とビーチでゆっくり過ごしてみては !?

ここ数年、大人気のカイルアタウン。ワイキキからバスで40 - 50 分程度で行ける距離に、昔ながらのハワイの街並みと新しい都市開発が進み、注目ショップや美味しいレストランなど、ワクワクする見所がたくさんある街、カイルア。そんなカイルアビーチから歩いて行ける距離に、今回 GONAMINORI がオススメする「天国の海ラニカイビーチ」が存在する。 ラニカイビーチは、閑静な住宅街を抜けないと辿り着くことができない、アクセスがしにくい場所。また駐車場やシャワー、トイレがないことから、数年前までは人も少なかったが、ここ数年はメディアの紹介や口コミなどで世界各国から多くの人がこのビーチに行き交うようになった。 しかし、全米No,1 に輝いたビーチだけあり、海水の透明度、澄み渡る青空、白い砂浜、小さく見える2つの島。など、1週間のハワイ旅行の中に1日はスケジュールして欲しい一見の価値は間違いなくあるビーチ。 パブリックな駐車場はないので、住宅脇に路上駐車する人もいますが、昔から住んでいる人たちをリスペクトする意味でもカイルアビーチにパーキングして歩いていくことをオススメします。 絵葉書のような景色が目の前に広がる! 曇りの日も多いが、晴れ渡ると見える、この海からの景色。 カイルアビーチに車を止め数分歩くと路地が! ここと抜けるとラニカイブルーが見えてくる。 海水の透明度はワイキキとは別格。この波打ち際を見てるだけで癒される。 ラニカイのランドマーク。この道を抜けると綺麗な海が見えてくる。 ラニカイの丘から見る絶景。ラニカイピルボックスのトレイルも有名 天国の海 ラニカイビーチ LANIKAI BEACH https://goo.gl/maps/D1YWa Google map でここに行く >> Google map でここに行く >>
- Advertisment -

Most Read