<< SPONSOR >>

ハワイにだってあるんです!かっこいいメンズブランド「サルベージパブリック」

サルベージパブリックというブランド?


今、洋服好きなサーファーが着ている最新ブランドは、カリフォルニアやオーストラリア発だと思っていませんか?!

ビーサン&短パンのハワイにだってあるんです。ホノルルのオーシャンライフを背景に、感度が高めのショップやファッショニスタからも選ばれているブランド。

それ名は、「サルベージパブリック」SALVAGE PUBLIC。

2013年にローカル3名がスタートさせた無名のブランドは、コレクションのリリースと同時に、その世界観とブランドイメージ、今までになかったデザイン性で人気を集めていった。


「サウスショア・マーケット」にオンリーショップをオープン


今まで「サルベージパブリック」の商品は、セレクトショップなどに他ブランドと並んで置いてあった。

しかし、人気に火がついたことから、2016年の末にグランドオープンしたワードビレッジの「サウスショア・マーケット」にオンリーショップをオープンさせた。

サウスショア・マーケットは、アラモアナに継ぐショッピングスポットとして、ローカルデザーナーブランド店やオシャレな雑貨や最新スイーツなどハワイの今をチェックできる最も熱い注目の場所。


日本への気のきいたお土産にもオススメ


「サルベージパブリック」は若干日本にも入ってきていますが、ハワイで買った方が安くてお得。しかも最新モデルが揃っています。

今までは、Tシャツがメインでしたが、今季からは、シャツやパンツ、デニムやジャケットなども本格アパレルとしての真面目のラインナップ。

ダイヤモンドヘッドの麓であるカイムキタウンには、ショームールもあるので、今やハワイに行った際のマストスポットに急成長!

Tシャツやショーツ、キャップなど、サイジングが簡単なアイテムは、日本への気のきいたお土産にもオススメ。

まとめ


ハワイブランドはダサい!っと思っている人。ハワイにしか根付いていないカルチャーから生まれたカッコいいブランドもあるんです。MADE IN HAWAII の感度の高さを実際にハワイに行ってチェックしてもらえれば感じてもらえるはず。

今後の「サルベージパブリック」の動きも要チェックです。

SALVAGE PUBLIC WEBサイト : http://salvagepublic.com

感度高めのショップやファッショニスタからも選ばれているブランド「SALVAGE PUBLIC」

今季からは、シャツやパンツ、デニムやジャケットなどもラインナップ。

日本への気のきいたお土産にもオススメ。

「サウスショア・マーケット」にオンリーショップをオープン

サルベージ パブリック [サウスショア・マーケット]
SALVAGE PUBLIC

  • 住所: 1170 Auahi St.Honolulu HI 96814  >>
  • 電話 : 808-591-8411
  • 営業時間 : 月-金 10:00-21:00 日 10:00-18:00
  • 予算 : 20ドル〜 / 人
  • 休日 : なし
  • 駐車場 : ワードビレッジ内
  • WEB : www.salvagepublic.com


  •  

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    << SPONSOR >>