稲村サーフィンクラシック2013。伝説のビッグウェーブコンテストが24年ぶりに開催。優勝を手にしたのは、湘南出身の大橋 海人!

729

_MG_3119
ビッグウェーブが到来したときしか開催されないという伝説の大会『イナムラサーフィンクラシック』。この24年間、コンディションが整わず、開催が見合わせ続けられていた。
その由緒ある伝説の大会が、とうとう9/26(木) 24年ぶりに開催された。
当日は、天候、波、コンディションに恵まれ、歴史的大会を自身の目で見よう。と数千人のオーディエンスが集まった。集まったサーフィンフリーク達は、招待された選手達の最高のパフォーマンスを見ることができ、キワドいライディングが繰り広げられるたびに『ウウォオーーー!!!!』と一同が歓喜に湧いた。
優勝は、地元湘南の大橋海人。彼の父も以前このコンテストの招致選手でもあったため、2年前に他界した天国の父 大橋勧 氏に最高の報告ができはず。
kaito023
今回、2013年に開催された『イナムラサーフィンクラシック』は、大きなムーブメントを起こし、またひとつ日本のサーフィンの歴史が作られた大会であった。
ひとつのサーフコンテストが、ここまでの人を動かしたのは、やはり『イナムラサーフィンクラシック』のもつ伝説であったのではないでしょうか。

イナムラサーフィンクラシック
http://www.inamuraclassic.com