サーフィンに最適な機能を搭載した“G-SHOCK”

627
タイドグラフ・ムーンデータ機能を搭載


In4mation :
Ryan Arakaki、Todd Shimabuku、Jun Jo、Rhandy Tambioの4人が設立したハワイ発のストリートブランド。サーフファッションからスタートし、サーファー、スケーターなどからの熱い支持を受け、アメリカのスポーツファッション業界で大きな成長を遂げている。ハワイ独特のスタイルを、流行を追いかけるのではなく、斬新なデザインやコンセプトでトレンドを生み出しながら展開している。
GLX-5600A-3JF/GLX-5500-1JF/GLX-5600A-2JF
カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の新製品として、エクストリーム系スポーツに最適な “G-LIDE(Gライド)”シリーズの『GLX-5500/GLX-5600A』(4モデル)を、5月31日より発売いたします。
“G-LIDE”は、サーフィンやスケートボード、スノーボードなどのエクストリーム系スポーツに最適な機能を搭載したシリーズです。2008年冬モデル(08年11月発売)の「GLS-5600」は、“G-SHOCK”の代表的なフォルムである「5600」型をベースに、厚手のスノーウェアの上からでも装着可能な二重のクロスバンドを採用し、氷点下でも安定した駆動を実現する耐低温仕様(-20℃まで)が評価され、人気を博しました。
今回ご案内いたします『GLX-5500/GLX-5600A』は、サーフィンに最適な機能を搭載した“G-LIDE”の2009年夏モデルです。ベースモデルには、クラシックな角型が人気の「5500」型と、昨シーズンのベースモデルに採用して好評を博した「5600」型を採用。潮汐情報を表示するタイドグラフ機能と月齢や月の形を表示するムーンデータなど、サーフィンに役立つ機能を搭載しました。また、文字板にメタル素材を採用するとともに、タイドグラフ表示部の鏡面仕上げにより上質感を演出。さらに、バンドとベゼルに光沢塗装を施し、バンドには波をイメージした模様を同系色であしらいました。「5500」型はベーシックなブラックとホワイト、「5600」型は夏の日差しに映える鮮やかなブルーとグリーンの、それぞれ2モデルを用意しています。
http://www.casio.co.jp/