火曜日 7月27日 2021年
タグ 脇田貴之

Tag: 脇田貴之

世界一危険で神秘的な波がブレイクする地球上最高峰のステージ「パイプライン」

パイプライン PIPELINE GONAMINORI ハワイサーフポイント紹介 ノースショア編 日本人も楽しめる指数 観戦★★★★☆ レベル プロ・上級者 波のブレイク グーフィー 底 ボトム シャローリーフ ベストシーズン 10月〜4月 冬シーズン ローカル 強烈に強いため、ロコへの大きなリスペストは必須 スウェル 西、北西、北 駐車場 あり。頻繁に車上荒しがあるので注意が必要 シャワー あり トイレ あり ボードタイプ ショート、ボディボード 毎年、世界のトップサーファーのみが出場を許される「パイプライン・マスターズ」の開催場所としても知られる、言わずと知れたハワイノースショアで最も有名なサーファーの聖地。 世界中どこを探しても同じようなポイントはなく、唯一無二のシリンダー状に美しく巻かれるチューブに誰もが魅了される。 日本人で唯一パイプライナーとして認められる脇田貴之氏や2016年 JPSA でも優勝を遂げた村上舜などもこの波に取り憑かれたサーファーでもある。 6 - 15フィートくらいまで各サイズで波がホールドし、同じ波のレフト側に割れる波がパイプライン、ライトに割れる波がバックドアとされる。 ボトムは非常に浅くシャローで危険なリーフ。サイズがそこまで大きくないコンディションでも命を落とすサーファーも多いため、日本人の初心者や中級者、上級者でもパドルアウトすら止めておいた方が良い。 その代わり、ブレイクポイントまでの距離が近く、オーディエンスとして大迫力のステージ観戦が出来るのもパイプラインの大きな魅力でもある。 冬ハワイノースショアに行ったら・パイプラインで神秘的でリアルな世界観を肌で感じてみよう! 日本を代表するビッグウェーバー「藤村アツシ」のパイプアタック 海から見た風景「ボルコムハウス」雑誌で見たライダーに会えるかも! 挑戦する勇気は必要だが、諦める勇気も必要なパイプライン! 600万回再生されたGONAMINORIチャンネル SURFING HAWAII: BIG PIPELINE FIRST SWELL! GONAMINORI ハワイガイドマップ2016

多くのサーファーに感動を与えてくれてた《エディ・アイカウ》という大会

ハワイノースショアワイメアで20フィート以上のサイズと条件が整わないと開催されることがない世界最大の伝説のビッグウェーブコンテスト《クイックシルバーインメモリーエディアイカウ》。 1970年代ウォーターマンとして数々の功績を残し、友人を救助するために死んでいった「エディアイカウ」を追悼する権威と歴史が詰まった大会でもある。 前回開催されたのは6年前の2009年12月。ここ数年、何度も開催が予想されながらもゴーされることはなく時間だけが過ぎていったが、今年 2016年2/25(木)に満を持して歴代史上最高にして最大のコンディションのなか開催された。 世界中から招待されたビッグウェーバーたちは、そそり立つ地球上最大級の恐怖の大波にチャージしていき、優勝は地元ハワイノースショアで生まれ育った、史上最年少の「ジョンジョンフローレンス」が栄冠を手にした。 唯一日本人からは、DOVEライダーでもある脇田貴之氏も招待され12位という好成績を残した。地元ハワイのトップサーファーでもなかなか出場することができない伝説の大会に日本人として召集されるということ自体が、日の丸を背負うジャパニーズサーファーとして脇田貴之氏が今まで生きてきた軌跡を物語る結果でもある。 エディ開催で地元ハワイでは、お祭り騒ぎとなり、また一つ伝説と感動を多くのサーファーに与えてくれるコンテストとなった。 Photo : World Surf League Photo : World Surf League Photo : World Surf League Photo : World Surf League Photo : World Surf League Photo : World...

サーフフィルムメーカーBUDIASA による最高傑作『CLIPS3』DVD が発売開始!

間違いなく世界クラスの映像編集のスキルとBGM、映像デザインの完成度を誇る日本のサーフフィルムメーカー『BUDIASA』。そんなブディアサから、シリーズ3作目となる『CLIPS3』DVD が12月12日に店頭販売が開始する。若手サーファーたちを応援するべく、日本人のアクションもここまできている。ということを体験できる本作。BUDIASA オフィシャルページでも、毎回アップされるショートムービーを随時、チェックすることができる。 Hey, check it out! You want one of these? Budiasa presents『CLIPS3』 アクションにこだわったクリップスシリーズ最新作!!    12月12日店頭発売開始(12月10日出荷開始) 毎回リリースするたびに、貴重な映像と映像編集スキルを存分にまきちらしているBudiasaのクリップスシリーズ第3弾『CLIPS3』! 今の日本のサーフシーンを引っ張る旬のジャパニーズ若手サーファーを一同に見られ、彼らが残した最新アクションが満載! JPSAやASPでも大活躍中の大橋海人やISAワールドジュニアで準優勝し一気に日本のトッププロサーファーへと成長した仲村拓久未、2010年度JPSAグランドチャンピオンで現在はWQSを中心に世界を相手に戦っている大澤伸幸などが自身のパートをゲット! 中でも大橋海人のパートは日本人離れした動きを見せ必見となっている! 海外からは注目のハワイアン、John John FlorenceのチューブやEzekiel Lauのパワーサーフィンなど見所満載! 10月に湘南に現れたカノア五十嵐の映像も収録されていて、まさに必見の仕上がりとなっている! 日本のニュージェネレーションを引っ張るBudiasaの最新作はマストチェックなDVDになること間違いなさそうだ! 出演サーファー: 大橋海人 / 仲村拓久未 / 大澤伸幸 / 加藤嵐 / 松岡慧斗...

California Trip 脇田貴之 古川勇 木村恵一 木本直哉 Supported by YAMARI 

California Trip 脇田貴之 古川勇 Supported by YAMARI 

ROCKDANCE ウェブサイトがリニューアル。稲葉玲王 FNN スーパーニュース出演

高橋真人、松本光二、ウェイド・トコロなどのTOP シェーパー。 脇田貴之、堀口真平などの日本人 TOP サーファー。この2つのカテゴリーには、強い共通点がある。それは、製品に対するブランドと責任を保証することができる、ROCKDANCE サーフボードをいうファクトリーで繋がっている。1978年に創立した SOEDA SURFBOARDS JAPAN は、日本を代表するレジェンドサーファー添田博道氏によって立ち上げられた。 彼は日本人としてハワイノースショアアタックのパイオニアと言っても過言ではない。そんな、ROCKDANCE サーフボードのWEBサイトがリニューアル。日々リアルタイムで発信される INFORMATION や、ライダーの最新BLOG、TOPプロサーファーが ROCKDANCE のボードモデルについて詳しく説明してくれるボードインプレッションなど、大幅にパワーアップしてリニューアル。マストなWEB サイトがもう一つここに誕生した。 有限会社ソエダサーフボードジャパン Soeda Surfboards Japan 〒254-0016 神奈川県平塚市東八幡4-14-8 Tel:0426.21.5133 Fax:0426.21.5056 http://www.rockdance.co.jp/ さらに、11月24日(水)には、ROCKDANCE 最年少プロサーファー稲葉玲王 が 全国放送 FNN スーパーニュースに出演! ますます、パワーアップする ROCKDANCE ファミリー。 FNNニュース http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188481.html
- Advertisment -

Most Read