RIP「ラビット・ケカイ」 ハワイとサーフィンに絶大な功績を果たしたワイキキのビーチボーイが95歳で死去

1166

Photo : Tom Servais
ラビット・ケカイ
1920年ハワイホノルル生まれ。幼少期からワイキキビーチの近くで生まれ育ち、サーフィンやアウトリガー・カヌーなどの普及活動と現代サーフィンの基盤を作った大きな功績は誰もが認め、オアフ島が生んだ真のウォーターマンである。
ワイキキビーチの象徴でもあるデューク・カハナモク像になった本人の元でも活動をしていたことでも有名。
当時クラシックで優雅なラインが主流であった時代に、ラビットはラディカルでアクティブな現代的なサーフィンを推進し、ハワイだけでなくカリフォルニアにまで、その流れを浸透させていった。
第二次世界大戦は、3年間軍隊として過ごし、その後、ノースショアでのサーフィン国際大会の実施にも大きな功績を残し、長きに渡り最も活躍したプロサーファーでもある。
今回の訃報に、世界中から大勢のプロサーファーやウォーターマンからのお悔やみの声が届いた。ラビット氏のご冥福を心よりお祈りします。
RIP , Mr Rabbit Keikai.
Rest in peace
参考サイト:http://freesurfmagazine.com

GONAMINORI ハワイガイドマップ2016