BackDoor/BigRights

76

またデスクトップの写真の片付け。

これは数年前のビッグライツでの一枚。Mayukiに乗り、ラインナップへ向かってパドルしたら巨大なセットが僕のほうへやってきたんだ。スーパーディープなテイクオフをしてチューブの角度を合わせ、人生最高の一本をゲットしたよ。普通はその後、すぐに海から上がるけど、あの日は3時間もいて、こんな波に10本以上は乗った。決して忘れられないような日だ。唯一忘れちゃったのは、写真を撮ったのが誰かってこと。でも、心の底から感謝しています!


ヒロさんはハワイを発ったけど、パーフェクトライドのことは忘れないはず。


ぼくの可愛いプリンセスとの2022年最後の最高の夜のことを覚えているよ。素晴らしい一年の締めくくりだった。


カイボーグとはかなり昔からの知り合いだ。彼がバッグドア/パイプラインのボスになる前からだ。みんな彼を怖がってパドルインしてこないから、一緒にサーフィンするのが大好きだったんだ。彼に会ったジャパニーズの友達が動けなくなっちゃったこともある。まるでオバケをみたような感じだったな。Haha.

Double the rainbow is double the pleasure…

KIRBY FUKUNAGA
ハワイで生まれ育ち、プロサーファー、フォイラー、スキンダイバー、カメラマンの肩書きを持ち、ウォーターマンとして、海で多くの時間を過ごし、海から多くのモノをもらいながら生活しています。彼が伝えようとしていることは、海がある生活は僕らを豊かにしてくれるということ。そして、自分だけではなく、いろいろなことをみんなにシェアし、人生を楽しむということ。現在は、ハワイでプライベートサーフィンガイドを主催。
カービー福永のハワイサーフィンガイド
https://go-naminori.com/kirbyhawaiisurfingguide