<< SPONSOR >>

Free Diving Hawaii: The Dive Flag

 泳いだり、フリーダイビングをするときはいつもボートにダイブフラッグをたてる。このフラッグをたてたボートから他のボートが最低50フィートの距離をおくように法律で定められているんだ。それはフリーダイブやスキューバダイブして海面に上がったときにボートに轢かれないようにするため…   前回ワイキキでフリーダイブしたときもダイブフラッグをたて、ボートから50フィート以内の場所で潜っていた。海中でディナーを追いかけてたよ… どの魚がいいかなって考えながら2分間水中にいた。残念ながら僕の息が切れちゃったからディナーは待たなきゃいけなくなった。 海面に向かおうとしたら、なんかおかしいと思った。大きな黒い影が上にある。またデカいサメかも??? ちがう!いちばん最悪なやつだ!!!! バカなヤツが2つの室外エンジンを搭載したカタマランをフルスロットルで僕のすぐうえを走らせてた! モーターに身体をミンチにされないよう、40フィートのカタマランの下に潜っているしかなかった。この時ずっとGoProが動いていたとは知らず、家に帰ってからビデオをみたら、思ってた以上に近い場所にいた。 僕は海面に上がり、轢きそうになったボートへ怒鳴った。”what the fuck!!!  fuck you!!!  fuck you!!!!”  言葉づかいが悪くてすみません。でも、誰かの愚かな行動で死にそうになって、かなり腹が立ったんだ!もし陸にいたら、真っ先にスピアガンでそいつを撃ってたかもしれない。そいつは僕が無事か確認しようと止まることすらなかった!マジでムカつく!omg, あれは僕の人生が終わりそうなギリギリの出来事だった。死にかけてびっくりしたけど、ディナーにフォーカスすることにした。最後に潜り、この魚をショットしたらミスしてしまった。すごく残念だった。誰かが、いまは魚の命を奪うときではない、僕の命も同じだよ、と伝えているようだった。そう、人生はこんなアクシデントで終わってしまうんだ。恐ろしいことに、数年前にダイブ友達のひとりがこんな事故で亡くなったのを知ってる。僕を轢きそうになったのはどのボートか分かってるから、船長に会ったらブン殴って言ってやろう。”おまえは僕を殺しかけたんだ。殴られるだけで済んでラッキーだな!” まだちょっと怒りが収まってないみたい。あれが僕のドリームライフの最後の日になっていたかもしれないからね。そうだったら最悪だったよ….

Continue Reading

August 21, 2019 Hawaii Surf Report

Another beautiful Tandem Ride…

Good morning 5:30am.

Ala Moana head high with overhead sets.  Super good.

Diamond Head overhead and bumpy.

Trade winds at 15mph.

Sunny and warm.

Going surfing and foiling.

Have a wonderful day!

Continue Reading

Hawaiian Rights and Nude Beach

 

沢山の新しいボードをピックアップするのにノースショアへ行かなくちゃいけなかった。だから僕のお気に入りのegg shopに立ち寄ったよ!

 

オアフ島でここのよりもフレッシュなタマゴは見つけられないと思うよ。

 今週はずっと、すき焼きにタマゴかけご飯ができるよ!yeah!

lucky me! 

それから島で一番美味しいMaui Mike’sに立ち寄った。冷凍じゃなくて、いつもジューシー!

 

それから暗い部屋へ。僕の年齢では定期的な血液検査をするようにしている。1週間でガンがあるかないかわかるんだ…

 僕は50年以上ハワイで育ち、ハワイに住んでいる。だからそう、僕はここがどんどん変わっていくのを見てきた。好きなこともあれば嫌いなところもある。それは僕の意見であって、それだけのこと。子供たちの次の世代のために説教したり支持したりしない。僕は彼らに寄り添って、彼ら自身の目で物事を見させているんだ。それから彼らは成長して自分たちで判断する。どちらにせよ100%リスペクトするつもりだ。

サーファーとして僕を最も困らせたことはアメリカ本土から白人の人たちがやって来て、数百万ドルのビーチフロントの不動産を買ったことだ。それから彼らは大体自分のビーチも所有するんだ。僕は人種差別主義者じゃないけど、これが真実だ。そしてもし島に住んだら僕が言っていることが分かるだろう。僕は人生のことをよく考えてビーチを残すようにお願いして、そしてもうしなかった。どうして?なぜなら僕たちの海を保護する法律があるからだ。ハワイからビーチが完全になくなるには凄い大金を払わなければならない。でも無理だ…

だから僕の友達は僕にこの女性のビデオを送ってきたんだ。彼女は釣りをしている人がいるビーチで映像を始めた。それを送られてきたら僕はまた嫌な気持ちになったよ。彼女にはレンタルでやってくる客がいると彼に言ったんだ。だから彼は去っていった。こういうことはずっとあったけど、このハワイアンが動かなかったのは嬉しいよ。かわりに、彼はこのビデオを載せた。それは憎しみではなく、ローカルの人たちに教えるためだ。そして、どの島のビーチもプライベートなビーチはないということを教えるためだ。だからもし他の世界からやってきてビーチフロントの不動産やビーチを簡単に購入できると思うなら、すまないがそんなことはさせない。またこんなことが起きないといいなと思うよ。なぜならサーファーとして嫌な気持ちになるからね。次回僕がハワイ島へ行ったら、このビーチで釣りをして裸で日光浴をしてやろう。haha!

(翻訳:タナカ チヨコ)

Continue Reading