日曜日 2月28日 2021年
タグ SURF

Tag: SURF

フィンでサーフィンは変わる!? Futures Fins から気になるフィンが続々リリース!

フィンでサーフィンが劇的に変わった。という経験をしたことがある人! フィンで何がどう変わるのか、さっぱりわからない人! 自分がどちらかは別として、波に乗ることを深く追求するサーファーは、必ずフィンにもコダワリを持っている気がします。 フィンの大きさ、素材、形状などによって自分のサーフィンに何かしらの変化が起こることを知っています。 そんな中、ジョンジョン・フローレンスやロブ・マチャドなど、誰もが認める世界のTOPサーファーが愛用する Futures Fins (フューチャーフィン) から気になるモデルが続々リリースしています。 Futures Fins で、いつもとは違うターンの違いを体感してみてください。 CONTROL PYZEL –M- ファイバーグラスラインから、進化した「CONTROL」シリーズ。 その特徴は、よりダイナミックな太いラインのマニューバーと、無駄のない 素早いレスポンスを得るために組み込まれた、 ストライプ状の層「UNI-CARBON」です。「UNI-CARBON」の効果により、フィンのフォイルを薄く仕上げる事が可能と なり、FLEX が効く上、ファイバーグラスの利点である、パワーブレイク時 でも得られるコントロール性を損なうことなく、引きずり感の軽減に成功 しました。テンプレートは、ジョン・パイゼルデザインのミディアムウェイトの ライダー向けに設定されたテンプレートにより、抜群の安定感と ドライブ性を得られる様に考案されました。 GENERATION V II F4 5FINS 12K カーボンとラインカーボンを融合させたニューマテリアルを採用した...

フィッシュボード誕生の歴史とフィッシュカルチャーが待望の映像化

ひたすらスタイルを追求しフィッシュボードを愛するサーファーたち 日本のサーファーも一度ハマると抜け出せなくなってしまうほど熱烈なファンが多いフィッシュボード。 ノーズのとがったペラペラのトライフィンに対し、フィッシュボードはレイルが分厚く、波のフェイスに対し、きちんと体重移動ができたボードコントロールが要求されます。 その奥の深さに魅了され、トライフィンでは表せないスタイルを追求するサーファーも世界中にたくさんいます。 スキップ・フライ ロブ・マチャド デイブ・ラストヴィッチ マーク・リチャーズ ダン・マロイ 。。。あげるとキリがありません。 そんなフィッシュに人生を捧げてしまったサーファーたちの物語が映像化された! フィッシュ誕生の秘密とその後のサーフカルチャー フィッシュボードがどこでどうやって、何故生まれたのか? そして30年の時を経てサーフカルチャー全体に与えた影響。 誰よりも「フィッシュ」を愛した映像作家「ジェフクラーク」が5年の歳月と全財産を注ぎ込んだ決死の作品となっています。 どうやら、内容が濃すぎて、フィッシュボードの魅力を語るには、この作品を見ないと語る権利はなさそうです。 FISH: THE SURFBOARD DOCUMENTARY トレイラー フィッシュデザインの誕生と、 そのインパクトが30年後の サーフィンカルチャーに どんな影響を与えたのか。 そしてフィッシュの開発にかかわった シェイパーやパイオニアたちへの インタビューを通して、 フィッシュがどのようにサーフィンを 変えたのかを描いた作品。 【キャスト】 スキップ・フライ ロブ・マチャド デイブ・ラストヴィッチ マーク・リチャーズ ダン・マロイ...

あなたにとってのアロハはなんですか?

Enjoy the Surf & Holidays 2017 明けましておめでとうございます。 本年も GONAMINORI を変わらず宜しくお願いします。 ハワイとサーフィンをキーワードに2017年も 皆様のワクワクするような情報をお届けていきますので 何卒、宜しくお願いします。 日本に住む僕らにとっては、ハワイでサーフィンをする。ということは 特別なことであり、非日常的なことでもあり、 生きていることを心から実感できるアロハなことでもあります。 日本人は年間150万人がハワイに訪れるそうです。 何を求めてあの楽園に行くのか、みなさま行く理由は、 人それぞれだと思います。 そこで、質問です。 あなたにとってのアロハはなんですか? その答えをみんなで少しづつシェアできれば 今年もいい年になると信じています。 明日、波上がるかな? SURF YOUR DREAM... GONAMINORI YOUTUBE チャンネル 【ダイヤモンドヘッド編】

ロングボード天国ワイキキビーチ沖の「クイーンズポイント」

クイーンズポイント GONAMINORI ハワイサーフポイント紹介 サウスショア編 日本人も楽しめる指数 ★★★★★ レベル 初心者〜上級者 波のブレイク レギュラーがメインだが、頭以上になるとグーフィーもある 底 ボトム リーフ ベストシーズン 5月〜9月 夏シーズン ローカル ビジターが多いのでマナー違反が多く危ない場合もある スウェル 南・南東 駐車場 ワイキキ動物園 シャワー あり トイレ なし ボードタイプ ロング、ファン、ボディボード ハワイ・ワイキキにステイすると、ボードと海パンさえあれば歩いていけるハワイの超メジャーサーフポイント「クイーンズ」。ロングボードに最適なメローな波がコンスタントに立ち、ハワイに行ったらサーフィンをしてみたい!という人や、子供から大人まで誰もが楽しめるビーチでもある。 場所は、カラカウアビーチ沿いのデューク像の沖合がブレイクポイントだが、パドル力がそこまでなくても、簡単につくことができる。 ビーチの売店では、ロングボードを安くレンタルでき、荷物も預かってくれる。 クイーンズでは、サーフレッスンも盛んに行われており、あの ケリア・モニーツの親が開催する「FAITH SURF SCHOOL」では、サーフィンはもちろん、SUPやアウトリガーカヌーも体験でき、多くのハワイツーリストがアクティブなアロハを感じれる GONAMINORI オススメのサーフスクールだ。 車で向かう場合の駐車場は、少し歩いてしまうが、ワイキキ動物園のパーキングが比較的安くて◎! シャワー&ライフガードも完備されているので、ハワイ旅行で、気軽に海を感じたい人にはマストなサーフスポット。ハワイの海にゆっくり浸かって地球のリズムを感じてみて! みんな大好きワイキキビーチ。何年もの間、多くのビーチストーリーが生まれ続ける場所。 ワイキキ動物園に車を止めて、頭の上にロングボードを乗せて信号を渡ればパラダイスが待っている。 お父さんがサーフィンしてても、残った家族は、ここで優雅にのんびり、ゆったりできる。 何度通っても心と身体がワクワクうずいてしますカラカウア通り。 デューク・カハナモク像の後ろに広がるロングボードの聖地「クイーンズポイント」 モニーツファミリーが世界を魅了する前の貴重なGONAMINORIムービの映像をどうぞ! GONAMINORI ハワイガイドマップ2016

WSLのQS1000にアップグレードした、Surf Into Summer @アラモアナボウルズ Part,2 PHOTOS : KIRBY FUKUNAGA

毎年この時期にハワイサウスショアアラモアナボウルズで開催される「Surf Into Summer 2015」。 今年は、WSLのQS1000にアップグレードして、日本人プロサーファーの村上舜、佐藤ガイ、堀口真平、脇田タイチ、脇田貴之なども参戦して大いに盛り上がりを見せている。 そんな今大会をカービーのホームポイントでもある、アラモアナボウルズでカービー本人が撮影したギャラリーをGONAMINORIがアップデート! 夏のサウスショアの雰囲気をお楽しみください。 PHOTOS : KIRBY FUKUNAGA
- Advertisment -

Most Read