<< SPONSOR >>

Best Surfers Japanese Style Teishoku in Chiba….


日本スタイルの定食が食べれるとてもうまい店が千葉にある。 “KOBUTA”という店で東浪見と志田下の間のビーチ通りにある。随分前からあるけどこの夏僕は初めて行った。そしてその後毎日通ってしまったよ。。。

これはカキフライ。750円でこれはなかなかいい。ハワイにもこんなのがあるといいのに。あったらサーフィンの後はここに行くのにな。。。it’s so good….

KOBUTAのブログで食べ物の紹介もしてる。たくさんのプロサーファーも食べに行ってる店だけど僕もその理由がわかる。とてもグッドフードにグッドな雰囲気だからね。。。

GO-NAMINORI WAS HERE…
KOBUTAのブログはこちら。。。

Continue Reading

Mount Fuji….


過去30年間、福永のおじいちゃんとおばあちゃんは富士山について何度も話をしてくれた。二人共1979年に登って焼き印の付いた杖を持ってる。だからおじいちゃん達の家に毎週日曜の夜ディナーに呼ばれて行くたびに、テレビ上に飾られた富士山の写真と杖をよく眺めていた。そしていつもいろんな事を質問していた。自分の目で初めて富士山を見た16年前、サーフィンに行くため藤沢の家を出て西に曲がった途端富士山がそこに見えた。このでかい山は僕を見ていた。半分雪に覆われていて、すぐ頭に浮かんだのは祖父母の家にあった写真。まったく同じだった。そして山頂を見て二人が頂上まで登ったなんて信じられなかった。それから毎回富士山を見るたび祖父母を思い出す。きっと僕は多くの人に僕の祖父母が登った話をしたと思うが、日本人人口のたったの 0.5% の人達しか登った事のないこの山に祖父母が登ったという事を僕はとても誇りに思っている。最近おばあちゃんが亡くなり、おじいちゃんに会いに行った時写真と杖はまだそこにあった。何かバシッときた。僕は頂上に登らないといけない気がした。この何年も聞いているストーリー、自分でも体験しないといけないと感じた。だからこの富士山の頂上に登り日の出を見ておばあちゃんに話しかける、これが僕の使命となった。僕のおばあちゃんは人生にとても大事な事を教えてくれた。それは言葉ではなく見本となって教えてくれた。そしてそれは”無償の愛”、その人がどうであろうと愛するという事。おばあちゃんはみんなを愛しそれを示してくれた。そして富士山に登る途中はきっとずっとおばあちゃんの事を僕は考えてるだろう。おばあちゃんがどれだけ僕を愛してくれたか、そして僕の人生に中でいつでもそこにいてくれてた事。。。

Continue Reading