Tom Curren’s infamous Maurice Cole surfboard

432


1990年の出来事。僕はWyland Haleiwa Proをビーチで観ていた。トム・カレンが、ロゴの入らないレイルが黄色のボードでパドルアウトしたとき、コンテストでのビッグニュースとなった。彼はスポンサーであるOcean PacificやChannel Islandsのポスターボーイだったから、みんなが衝撃を受けた。そのことはサーフコミュニティにとって大きなニュースであり、コンテストの話題となった。後でわかったのは、サーフィン史上最も悪名高きサーフボードはモーリス・コールがシェイプしたものだったということだ。トム・カレンはその年、ワールドタイトルを獲得し、モーリス・コールは一気に有名になった。


そう。これがそのボードで、トム・カレンの象徴的な写真だ。


10月にDoveのファクトリーに行ったとき、このことは世界中のみんなに知らせなきゃと思った。戸倉さんは日本で一番のヴィンテージサーフボードコレクター。みんながヴィンテージの意味を知る前からずっとボードを集め続けていた。だからファクトリーであの有名なサーフボードをみても驚かなかったよ。戸倉さんはモーリス・コールとはすごく親しい仲だから、このボードを手に入れるために一役買ってくれたのかもしれないね。


世界中のハードコアサーファーの誰もがこの悪名高きサーフボードのことを知っている。


3度のワールドチャンピオン、トム・カレンのサイン入り。this is priceless!!!

サーフィン史上で最も歴史的な日を体験していなかったら、ハレイワで開催されたWyland Hawaiian Proの動画を観てごらん。あの日のことは決して忘れないだろう…

 

 

KIRBY FUKUNAGA
ハワイで生まれ育ち、プロサーファー、フォイラー、スキンダイバー、カメラマンの肩書きを持ち、ウォーターマンとして、海で多くの時間を過ごし、海から多くのモノをもらいながら生活しています。彼が伝えようとしていることは、海がある生活は僕らを豊かにしてくれるということ。そして、自分だけではなく、いろいろなことをみんなにシェアし、人生を楽しむということ。現在は、ハワイでプライベートサーフィンガイドを主催。
カービー福永のハワイサーフィンガイド
https://go-naminori.com/kirbyhawaiisurfingguide