The Circus at Waikiki

50

ワイキキでサーフするときはいつでもディフェンスモードになる。そこには完全に無知なビギナーたちもいるけど、無知な上手いサーファーもたくさんいる。セットが来るとみんながそれにパドルし、僕は銃弾をかわすような気分だ。ファイバーグラスでできた9-10フィートの銃弾だよ…

ルールやエチケットを理解しているローカルたちも数人いる。彼らがいなかったら、この場所は10倍デンジャラスだったはずだ。マークがパドルしたら、誰も乗ろうとしない。それがリスペクトだよ…

もちろん僕は年配サーファーたちと一緒に波乗りするのが大好きだ。友達をワイキキに連れていくと、”年配の人たちが波にパドルしたら、乗ろうとしてはダメだよ。じっと座って見て、インスパイアされてね”と伝えている。

日本の夏の始まりのサイン。 thank you Seira-chan!

KIRBY FUKUNAGA
ハワイで生まれ育ち、プロサーファー、フォイラー、スキンダイバー、カメラマンの肩書きを持ち、ウォーターマンとして、海で多くの時間を過ごし、海から多くのモノをもらいながら生活しています。彼が伝えようとしていることは、海がある生活は僕らを豊かにしてくれるということ。そして、自分だけではなく、いろいろなことをみんなにシェアし、人生を楽しむということ。現在は、ハワイでプライベートサーフィンガイドを主催。
カービー福永のハワイサーフィンガイド
https://go-naminori.com/kirbyhawaiisurfingguide