No Rain No Rainbows

220

今朝はボウルズでサーフィンをした。この2日間、ローカルをリスペクトしなくてスポットからつまみ出されたサーファーたちをトータルで4人見たよ。彼らは叫ぶだけでパンチはしなかったから、僕はそうじゃないかなって思ったよ。彼らはラッキーだったよね。一つ間違えたら、またそこでサーフィンできなくなるよ。本当は僕もローカリズムみたいなのは嫌いなんだ。でももしこのスポットを管理するローカルが全くいなかったら、ここはワイキキみたいになるよ。それに僕はそういうのを見たくないな…

日本の暑い夏をエンジョイしているケリアちゃんとママのマイちゃんを見れて凄く嬉しいよ。すぐに会えると良いね!

この2日間このウルアを見かける。彼らは5,6匹の群れで泳いでいるから、見かけたら、もっと沢山見れるから周りを見渡そう。

これは1番ビッグ。刺身が沢山できる20lbsはあるね…

最近風が強いから通り雨も沢山あるんだ。ハワイにいるほとんどの人たちは雨が嫌いじゃないんだよね…

でももし雨が降らなければ虹は出ない。だから雨は大好きだよ…

(翻訳: タナカ チヨコ)

KIRBY FUKUNAGA
ハワイで生まれ育ち、プロサーファー、フォイラー、スキンダイバー、カメラマンの肩書きを持ち、ウォーターマンとして、海で多くの時間を過ごし、海から多くのモノをもらいながら生活しています。彼が伝えようとしていることは、海がある生活は僕らを豊かにしてくれるということ。そして、自分だけではなく、いろいろなことをみんなにシェアし、人生を楽しむということ。現在は、ハワイでプライベートサーフィンガイドを主催。
カービー福永のハワイサーフィンガイド
https://go-naminori.com/kirbyhawaiisurfingguide