Time Stands Still

123

今日はMayukiのメンテナンスをしないといけなかったから残ったスウェルがある時に備えてボード を持っていったよ。

Waikikiに着いたら、波がフラットそうだった。でも数人のアンクルたちがアウトにいるのが見えたから挨拶するのに急いで海に入ってパドルをしたよ。

10分もしないうちに波は姿を現し出した!それにエピックなコンディションだったから、みんな楽しんでいたよ!いつも良さそうな波をメイクしているアンクルClarence。

アンクルMarkはスタイルマスターだ。グライダーサーフボードでグライドする彼を見るのが大好きなんだよね。

レディースたちもパーフェクトなコンディションを楽しんでいたよ。ワイキキでこんな穏やかなのはウィンターシーズンだけだよね。

何があっても毎日フォイルをしているLance。熱心だよね。

天気が良いし、暖かい。そして鳥みたいに飛ぶ。こんな風に穏やかな朝を楽しむのが大好きなんだ。時間が止まっていたからアウトにいることを忘れてたよ。Haha.

(翻訳: タナカ チヨコ)

KIRBY FUKUNAGA
ハワイで生まれ育ち、プロサーファー、フォイラー、スキンダイバー、カメラマンの肩書きを持ち、ウォーターマンとして、海で多くの時間を過ごし、海から多くのモノをもらいながら生活しています。彼が伝えようとしていることは、海がある生活は僕らを豊かにしてくれるということ。そして、自分だけではなく、いろいろなことをみんなにシェアし、人生を楽しむということ。現在は、ハワイでプライベートサーフィンガイドを主催。
カービー福永のハワイサーフィンガイド
https://go-naminori.com/kirbyhawaiisurfingguide