Making Childhood Memories

162

今、コロナのロックダウンが終わり、みんながハワイへ戻り始めているんだ。フジモトさんとカイト君はカイト君がずっと待ち望んでいた初めてのサーフィンの準備してをしていたんだ!

カイト君は凄くワクワクしていたよ。彼はファーストウェーブで立った。そしてパーフェクトなスタイルでライドしていたよ。So cute!!!

彼はまた7歳だけど、僕は8年間彼のことを知っているんだ。理解できるかな?そう、僕は彼がママのお腹の中にいた時に会ったんだよ。

正に彼の初めてのサーフセッションでこんな笑顔の子どもを見れるって、僕にとって凄くご褒美だよ。こういう感じでサーフィンや海を大好きになってもらうために、みんなも子どもを連れて行くんだよ。ディズニーランドよりも良い方法だよ。

カイトくんは予想外に多くの波をキャッチしてから、パパをじっとビーチで待っていたんだ。Such a good boy.

今朝はスーパーオンショアで凄くチャレンジングだった。でもフジモトさんは凄く強い人だから僕は凄く上手にサーフィンしている彼を見ても驚かなかったよ。

今日はアラモアナに他2人しかサーファーがいなかったよ。こういう日はさらに人を強くさせるんだよね。

素晴らしい朝をありがとうございます!来年もハワイへ来て、また海で会いましょう!

(翻訳: タナカ チヨコ)

KIRBY FUKUNAGA
ハワイで生まれ育ち、プロサーファー、フォイラー、スキンダイバー、カメラマンの肩書きを持ち、ウォーターマンとして、海で多くの時間を過ごし、海から多くのモノをもらいながら生活しています。彼が伝えようとしていることは、海がある生活は僕らを豊かにしてくれるということ。そして、自分だけではなく、いろいろなことをみんなにシェアし、人生を楽しむということ。現在は、ハワイでプライベートサーフィンガイドを主催。
カービー福永のハワイサーフィンガイド
https://go-naminori.com/kirbyhawaiisurfingguide