Tuberider

255


ジェームズ・ジョーンズのことを知らないなら、あるサーフヒストリーを教えてあげよう。ジェームズ・ジョーンズは1972年、1976年のデューク・カハナモク・クラシックで優勝した。彼は何十年もの間ずっとワイメアベイのビッグウェーブチャージャーだ。彼は結構アンダーグラウンドだけど、ビッグウェーブサーファーなら世界中の誰もが彼のことを知っている。彼は今までも、いまでも毎日サーフィンしているんだ。昨日はDove Wetsuitを着た彼にビーチで会った。”ウェットスーツの調子はどうですか?”と聞いたら、”これは僕の史上最高のウェットスーツだよ!”と言ってくれた。ジェームズ・ジョーンズは71歳で、ずっと波乗りをしてきた。彼の人生でのベストウェットスーツっていうことは、大きな意味があるよね…

KIRBY FUKUNAGA
ハワイで生まれ育ち、プロサーファー、フォイラー、スキンダイバー、カメラマンの肩書きを持ち、ウォーターマンとして、海で多くの時間を過ごし、海から多くのモノをもらいながら生活しています。彼が伝えようとしていることは、海がある生活は僕らを豊かにしてくれるということ。そして、自分だけではなく、いろいろなことをみんなにシェアし、人生を楽しむということ。現在は、ハワイでプライベートサーフィンガイドを主催。
カービー福永のハワイサーフィンガイド
https://go-naminori.com/kirbyhawaiisurfingguide