Lucky Shark: Kill or Misery?

59

海でまたアメージングな一日を過ごした。僕は新しいことにトライして、新しい経験をしたんだ。僕にとって経験を学べて良かったよ。なぜなら、ちょうど今、確実に僕には世界で最高のイクイップメントがあるってわかるからね!それにもうすぐDonaldも同じイクイップメントを持つことになるだろう…

ハイタイドの時に砂が全部海の沖へ行くのが見える?今日みたいに超ビッグなサウススウェルとまたハイタイドになるまで待とう。その時砂が全部海の沖へ行くんだ。すでにビーチが小さくなってるのがわかるよ…

ヨットクラブ辺りに潜んでいるサメがいる。サメは泳ぎ回っているんじゃない、ハンティングしているんだ…

だから僕は釣り糸に絡まったストレスを加えられた魚を見た時、サメが現れて、魚を食べちゃうのも時間の問題だなって思った。僕のある部分は「それを殺して楽にしてあげよう。」って言っていた。また別の部分は「自然の成り行きに任せよう。」って言っていた。

頭の周りに釣り糸かわ巻かれているのが見えるかな?あれは魚を切っていまうし、生き残れるなんてとんでもないよ。可哀想だけど自然の成り行きに任せることにしたよ。なんてラッキーなサメなんだろう…

(翻訳: タナカ チヨコ)

KIRBY FUKUNAGA
ハワイで生まれ育ち、プロサーファー、フォイラー、スキンダイバー、カメラマンの肩書きを持ち、ウォーターマンとして、海で多くの時間を過ごし、海から多くのモノをもらいながら生活しています。彼が伝えようとしていることは、海がある生活は僕らを豊かにしてくれるということ。そして、自分だけではなく、いろいろなことをみんなにシェアし、人生を楽しむということ。現在は、ハワイでプライベートサーフィンガイドを主催。
カービー福永のハワイサーフィンガイド
https://go-naminori.com/kirbyhawaiisurfingguide