<< SPONSOR >>

M1 Memories

何年も前みたいな写真を見返している。ミッション1は地震と津波が起きてから1か月たたないうちに実現した。それはたった何か月前のことだった。時がたつのはなんて早いんだろう。


今でも和歌山から東北に向けてドライブしたのを覚えているよ。僕は時差ぼけで、怖くて、戦争か何かに行くような気持ちだった。でも富士山を見たら、すっごく安心したんだ。


ミッション1、2、3は凍えるほど寒かった。ハワイから来た僕は、デッカい冷蔵庫の中に閉じこめられたみたいだった。アイスキャンディーになるかも知れないって考えながら車の中で寝た事は絶対に忘れない。


僕らはハワイや日本からのみんなからのサポートに圧倒された。ミッションが始まる3日前にブログで寄付を募ったのに、反響はすごかった。3台のバンに全部が収まりきらないほどだったんだ。もう一度、みんなそれぞれにお礼を言いたい。


みんな出来る限りのものを寄付するために遠くから来てくれた。彼らが貯金箱を空っぽにしてくれた時、僕は泣きそうだったよ。


東北に向かう日の前日のディナーは、変だった。多くが不透明で不安だったし、これから何を見るのか誰も知らず、放射能について何も分からなかった。僕はみんなに、”ねぇ、僕らは支援が必要な場所に行くんだ。放射能があろうとなかろうと、僕らは行く。だからもし参加したくないなら、今が最後のチャンスだ”と話したのを覚えてる。誰も離脱しなかった。そしてこれが7人の勇敢なミッション1のボランティアだよ。


ミッション1以来、僕は放射能について多くを学んだ。1つ目は、目に見えないってこと。2つめは、匂いがしないってこと。3つ目は、検出した時は既にその中にいるってことだ。みんながあの夜、駐車場でぐっすり眠れたとは思えないよ。

** 僕らは、全てが元通りになるまで、このミッションを続けていくことを約束する。もし何か支援したいことがあれば、僕に連絡をください。aloha.

Tags: Aid, DONATIONS, Earthquake, MISSION 1, RADIATION, SENDAI, TOHOKU, TSUNAMI, VOLUNTEERS, WE ARE ONE
Continue Reading

From Son to Mother


仙台のお祭りには、ハワイから寄付されたたくさんの景品があったよ。僕らは1位の景品としてNoelani Designsの美しいジュエリーも持っていったよ。この野球少年をみて?彼はちょうど野球の試合から戻って来たところ。僕らの景品を目当てに友達と一緒に遊びにきてくれたんだ。彼は自信たっぷりに3球投げて、3球ともバケツの中に入れた。感情も表さず、笑わず、何も言わずに1位の景品をもらいにテーブルに来た。僕らは男の子にはリモコンのヘリコプターで、女の子にはアクセサリーを用意してたんだ。テーブルに来たとき、僕はリモコンのヘリコプターを選ぶだろうと思っていた。なのに、彼はノエラニが寄付してくれたイヤリングを手にして、彼の母親に渡したんだ。お母さんさえも、びっくりしていたよ。彼の家族に何があったのかは分からないけれど、この子は本当にお母さんの事が大好きなんだろう。彼はずっと何も言わなかった。だから僕は、3月11日に彼の家族に何が起きたんだろうといまだに考えている。このイベントは子供たちのために開催されたけど、この子は僕らがそこにいた理由をがらっと変えてくれたと思う。イベントは、みんなのためだったんだ!

ノエラニ、この子の母親をすごく喜ばせ、息子を誇りに思わせてくれてありがとう。彼女はきっとこれからずっとこのイヤリングを大切にすると思うよ。

We Are Oneプロジェクトは続く!

Tags: DONATIONS, Hawaii, Noelani Designs, Prizes, SENDAI, WE ARE ONE
Continue Reading

RED CROSS ADVICE?


KITVから電話をもらった時、僕はワイキキで夕飯を食べてた。彼らは最近日本で報道されているニュースについて僕がどう考えているかインタビューしたかったんだ。何のニュースって?赤十字に寄付された何百万ドルのうち、日本へ届けられたのはわずか25%だそうだ。これには、複雑な気持ちになった。第一に、前にも書いたとおり僕は、CEOが年間600,000ドル以上も稼ぐような“チャリティー”企業を信用していない。寄付のために一生懸命集めたお金を人々へ公平に分けてるとは思えないし、寄付されるはずの場所に渡っていないと分かる。赤十字がたった25%の寄付金しか被災者に渡していないと知り、ここハワイにいるたくさんの人もショックを受けた。4カ月経つんだよ? 僕はインタビューでこの事は話さなかったけど、赤十字のシステムがどれだけねじれているか考えたら、だんだん腹が立ってきた。ボランティアは居なくなったし、支援も減り、世界中で日本に関するニュースはほとんどない。だけど放射能問題はいまだにおさまらず、仕事もなくなり、被災者の人たちは今も苦しんでいる。早くに復旧した地域もあれば、いつ作業が始まるか分からない地域もある。僕は、ずっと全ての物事にポジティブで居ようと思ってる。幸いにも、東北には強く前向きな人たちがいると知ってるし、そのおかげで僕は困難を打ち砕き続けることが出来るんだ。

僕からの赤十字へのアドバイス? デカい銀行口座からお金を引出し、僕らについて来て。どこでお金を使えばいいか教えてあげるよ。もし僕らに同じくらいの資金源があれば、今までに訪問した町は100倍良くなってるはずだ。被災地の家族が4カ月間も避難所にいる時に、銀行口座で利子を集める20億ドルものお金を寝かせてるのが理解出来ないよ。解約した方がましだ。ごめんね、ニュースで出来なかった分、気持ちを外に出す必要があったんだ。

Tags: Aid, Japan, KITV, RADIATION, RED CROSS, SENDAI, TOHOKU, WE ARE ONE
Continue Reading