<< SPONSOR >>

2 in 1


ボートランプに着くと毎回、雲がどう動いているかを見てる。そうすれば風向きを計算できるんだ。その日はすっごく風が強くて、ダイブするには良くなかった。ダイアモンドヘッドから雨雲が近付いてきて3分以内にダウンタウンで雨が降るのが見えたら風が強いって分かるよね。もしレインボーがどうやって作られるか知っていれば、クレイジーなほど弧を描くレインボーがどこにできるか分かるはず。僕はこのレインボーができる前にカメラを構えて待ってたんだ。ボートの上から写真を写したかったからね。これを写した後、今日はいい一日になると思った!


ここにはイルカの群れがいて、よく遭遇するよ。彼らはボートの横をぴったり着いてくるから、いつも目を見てみようとしてる。彼らがこっちを見て何か言おうとしてるみたい。このイルカは近くに来て”Have a wonderful day” と言ってくれたよ。


一つの穴から2匹のウルアをスピアする秘訣はチームワークだ。1人が始めに潜り、いいショットをラインナップして撃てば穴にその1匹を残しておける。そうすればもう1匹は近くにいたままだ。外してしまうと他のウルアも逃げてしまうだろう。カイルが潜り、1匹スピアして穴に残してきた。5秒後、僕が潜り、もう1匹をスピアした。僕らは海面に上がってハイタッチした。みんなの分の刺身があるよ!こんなに上手くいった日はなかった。


魚の内臓も頭も捨てないから、家には生ごみ用ゴミ箱がいらないよ。魚は海でさばくのがいい。ウツボやカニ、他の魚たちやサメにお返しするんだ。食べる分だけを家に持ち帰り、残りは海へ返すよ。こうすることがベストな方法。

あと、チームワークについて書くね。ジェームズ・オオシロはチームワークを代表する人だ。もし彼がいなければ、僕らは海で迷子になったり、シャークアタックにあったり、一匹も魚を見つけられなかったりしたはず。ジェームズは僕らの“ボートマン”で、彼の視線はあらゆる所を見てる。魚をスピアして上がるとジェームズがすぐに来て、引き上げてくれるんだ。
この日一回目のダイブで7.5mくらい潜り、魚が近寄ってくるのを待ってた。その時ちょうどすぐ後ろから攻撃的なサメが泳いで来て、僕を脅して追い払おうとした。いつもはウェイトベルトに捕った魚をぶら下げてるけど、もしこの日もそうだったら、サメは僕のケツをかじっただろうね。ジェームズ、上から見ててくれてありがとう。カイル、チームワーク良くやってくれて感謝してる。次のダイブはモロカイ島かな?

Tags: Boat, DIVING, FISHING, FREE, FREE DIVING, GT, Hawaii, SPEAR, SPEARFISHING, ULUA
Continue Reading

My 2 Dogtooth Tunas

5年前からずっと、僕はドッグトゥースツナのことを日本語で”ウソマグロ”って呼んでた。ウソって嘘のことだよね。本当はイソマグロだったんだ。バカみたいだよ。


しばらくフリーダイビングをしてなかったから、水に入るのがすっごく楽しみだった。タカハシさんが海の真ん中にある高い岩に降ろしてくれた。それは深さ40mある25mの岩礁。水に入ったら、海底にマグロが何匹か見えた。初めに15mくらい潜ったとき、マグロたちが僕は一体誰なんだろうとチェックしに集まって来た。僕は大きなやつに狙いを定め、ショットした。bang!!! ヤツは海底にシャフトを引きづり、抜き取った。shit! デカいマグロを逃した!僕は戻って、上から見下ろした。マグロみたいな魚はかしこいから、僕がまたやってくると知っているんだ。2回目は23m潜った。既に息が続かなくなっていたから、戻った方がいいと思っていた。そのとき、マグロがやって来た。僕は止まって、一番小さいのを狙ってショット。海底に向かって逃げ始めたから、僕は大事な物のためにしっかりとひもを握りしめた。僕にはタグラインもブイもなかった。もし手を離したらガンを失う。僕は水面を見たら(良い事じゃないけど)25mくらいの深さまでマグロに引っ張られていた。なんとかして泳いで上にいかなきゃいけなかった。そして1匹のマグロとボートに着いた。いつもみたいに、もっとたくさん捕まえたかった。だから水に入ってまた潜り、別なのを撃った。この2匹のドッグトゥースツナのために一生懸命やらなきゃいけなかったんだよ。

とにかく沖縄は美しい場所だよ。ここには20回くらい来ているけど、何度来てもいいよ。友達も、食べ物も、サーフィンも、そしてメンソーレスピリットもある。aloha!

Tags: DIVING, DOG TOOTH, FREE DIVING, ISO MAGURO, OKINAWA, SPEARFISHING, TUNA
Continue Reading