<< SPONSOR >>

WHERE WERE YOU?


これらは僕が一生忘れない、人生を変えた2つの出来事だ。1つ目は、ワールドトレードセンターがテロリストの攻撃を受けた2001年9月11日。それは朝早くに友達のボビーが電話をくれた時だった。僕は、ボビーが飲酒運転で逮捕されて、拘置所に迎えに来てほしいのかと思ってたから、始めは電話に出なかった。その後に分かったのは、アメリカが攻撃されたってことだった!

2つ目は、こないだの2011年3月11日。10年後にまた僕の人生が揺らいだ。その時、僕はどこにいた?

3月11日はパラオにいた。その朝、僕らはフリーダイビングをしようと決めていたけど、偶然にも文句なしのパーフェクトウェーブだったんだ。ストップしてサーフィン、そしてフリーダイビングしにアウターリーフに移動した。見ての通り、波がパーフェクトだったからカイルが1つ波に乗り、奥さんのキャシーもパドルアウトし、僕はそれを写真に収めてた。


その後、深い海でダイビングをしていた時、“戻ってきて!津波が来るよ!”と叫ぶ声が聞こえた。僕は、海の上が一番安全だと思っていたから、気にもかけなかった。そして、津波がメインアイランドに着くのと山へ登るのを競争してみる事にした。今まで大体の津波警報で実際に津波が来た事はなかったから、大した事じゃないと思っていたんだ。だけど今回は違った。津波は僕の愛する国を飲み込んだ。その後、ハワイにまで到達した。僕は、今まで感じた事がないほど、無力だと思った。混乱して、悲しくて、イライラしていて、孤独だった。ニュースを見るのが今までで一番辛かった。パドリングでハワイに帰ってしまいような気持ちだった。

君はその時、どこにいた?

Tags: 2011, 9/11, FREE DIVING, march 11, PALAU, Surfing, Tsumami, TSUNAMI
Continue Reading

Johnny is BACK!



パラオの波についてはいろんな説があった。そこにワールドクラスの波があることを見つかったのは、つい最近のことだ。ジェリーフィッシュと湖で泳いだり、トロピカルなパーフェクトウェーブでサーフィンする。僕は、こないだの3月にパラオに行って最初の波に乗った時から、すごく楽しい時間を過ごし、いつもの生活を変える時が来たって思っていた。ノースショアシーズンにハワイで過ごすのではなく、波を求めて世界中を巡り、30年前からずっと行きたいと思ってたものを見ようと思った。待ち遠しかったよ!ここはパラオで一番長いライトの波のひとつに乗るジェニー。僕の夢はここに戻り、朝、ここと同じ場所で10フィートの20秒間のバレルに入ること。そして午後は、大きなツナをスピアすること。



マキシムはすごく可愛い3歳の男の子。僕らはこないだボートでフィッシングに出かけた。彼はツナのサンドウィッチを食べてる時、クーラーの中に落ちちゃったんだ。冷たい氷の中で動けなくなってたんだよ。僕は笑わずにはいられなかったよ。



80年代に僕が初めてジョニーボーイ・ゴメスに出会った時、彼はバッグドア/パイプラインでのヘビーなローカルの一人だった。たぶん世界中のサーファーが彼を怖がっていた。僕は一部始終を見てたし、会いたいと思うような奴じゃなかった。もし彼にドロップインしたら?oh my goshだよ!  僕はラッキーだったから、ジョニーボーイはいつも親切にしてくれた。トニーモニーツの義理の弟ってことがすごく役立っていたんだと思う(笑)彼がアウトに居る時はいつでも、僕は彼の右側で波待ちをしていた。なぜなら彼の次の波をゲット出来るって知っていたから。それが誰も彼の近くには来たがらなかった理由でもある。そんなジョニーボーイが戻ってきたんだ!彼は、今回のノースショアシーズンに復帰するためにトレーニングをしていると教えてくれた。彼は前よりも上手くなっているみたいだし、今年ラインナップに戻る時には、僕はまた彼の右隣で波待ちしようと思う。もし君がこの人が誰か知らないアグレッシブなグロムキッズだったら、気をつけた方がいいよ!パイプラインマスターのチャンピオン、JBGが戻ってきたんだ!

Tags: JBG, JOHNNY BOY GOMES, LOCAL, PALAU, PIPELINE MASTER, SURFING PALAU
Continue Reading

PALAU SHARK ATTACK


僕が3月に行ったパラオトリップは、ほとんどぼやけてしまっている。津波が起きた後、何日かでハワイに戻り、僕の気持ちは全く違うものになってしまった。こうして何枚かの写真を見返すと、楽しい思い出がよみがえってくる。見てみよう。



毎朝、僕らは暗いうちに起きて、ハーバーに向かい、ギアを用意してアメージングな海に向かった。



Pleasure Island PalauのK.B、この素敵なコンドミニアムを僕らに貸してくれてありがとう。一日中ダイビングしてここに帰ってくるんだよ?nice!



フォトグラファーとしては、僕はまだまだ先が長い。時々エキサイトしすぎて写真を写すことを忘れてしまうんだ。これは、Hawaii Skin Diver TVのカイル・ナカモトが写したバラクーダの群れ。



彼はグアム出身のマイク。マイクはドクターだから人の命を救ってくれるけど、海の底でサメが来て襲われた時、自分の命を救う必要があった。僕らが彼をボートに引き戻したとき、彼はただ無表情だった。僕は彼がどんな気持だったか、すごく理解できる。この写真は彼がボートに上がって生きてることについて考えていた時に写した。Hey マイク、いつもポケットにこの写真を入れて眺めていれば、神様が生かしてくれていることに感謝できるよ。

Tags: BARRACUDA, DIVING, EXTREME, FREE DIVING, HAWAII SKIN DIVER TV, MARINE JACK, PALAU, PLEASURE ISLAND PALAU, SHARK ATTACK, SHARKS, SPEARFISHING, SPEARGUN
Continue Reading